MDMサーバーへのデータモデルのデプロイ - 8.0

マスターデータ管理の例

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
MDM Platform
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend Data Stewardship
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
Content
データガバナンス > データ検証
データクオリティとプレパレーション > データのマッチング
データクオリティとプレパレーション > 重複データの削除
変更がランタイムに反映されるようにするには、データモデルをMDMサーバーに常にデプロイする必要があります。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで、デプロイするデータモデルを右クリックし、[Deploy To...] (デプロイ先...)を選択します。
  2. ダイアログボックスが表示されたら[Add Dependencies] (依存項目の追加)をクリックし、依存項目を追加した後に[Continue] (続行)をクリックします。
  3. [Select a server location definition] (サーバーロケーションの定義を選択します)ダイアログボックスで、データモデルのデプロイ先とするサーバーを選択し、[OK]をクリックします。
    ダイアログボックスが開き、デプロイに成功したことが示されます。
  4. [OK]をクリックしてデータモデルのデプロイを完了します。
    このサンプルでは、Talend MDMTalend Data Stewardshipで設定されているため、データモデルCustomerをMDMサーバーにデプロイする時に、以下の変更がTalend Data Stewardshipに自動的にプロパゲートされます。
    • "customer - customer - tmdm"という名前の新しいData Stewardshipデータモデルが作成され、その属性はCustomerエンティティ内の各シンプルタイプエレメントに対応しています。
    • 新しいData Stewardshipデータモデルを使用して、"customer - customer - tmdm"という名前の新しいマージングキャンペーンが作成されます。

    他方、MDMデータ型がTalend Data Stewardshipデータ型にマッピングされ、MDMエレメントの制約(もしあれば)はTalend Data Stewardshipの属性の制約に変換されます。詳細は、Talend MDMとTalend Data Stewardshipのマッピングテーブルを参照してください。

    MDMデータモデルの変更がMDMサーバーへのデプロイ時にどのようにプロパゲートされるかについては、Talend Data StewardshipTalend Studioユーザーガイド』を参照してください。

    REST APIを使用して、MDMデータモデル用に該当するキャンペーンとData Stewardshipデータモデルを作成することもできます。詳細は、データモデル用にData Stewardshipデータモデルを設定を参照してください。

タスクの結果

これで、Talend StudioにおけるシンプルなMDMプロジェクトのプレパレーションは終了です。