前提条件 - 8.0

マスターデータ管理の例

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
MDM Platform
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend Data Stewardship
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
Content
データガバナンス > データ検証
データクオリティとプレパレーション > データのマッチング
データクオリティとプレパレーション > 重複データの削除

このシナリオを開始する前に、次のことをご確認ください。

  • Talend Data StewardshipTalend MDMの統合が設定済みであること。詳細は、Talend Data StewardshipとTalend MDMの統合の設定を参照してください。
  • Talend Studioで空のプロジェクトが作成済みであること。
  • Talend StudioでMDMサーバーへの接続が確立済みであること。

次の点にご注意ください。

  • 統合マッチング機能は、「文字列」タイプのプライマリキーのみをサポートしています。
  • 統合マッチング機能は、コンポジットプライマリキーを使用したエンティティのマッチングをサポートしていません。
  • Talend MDMTalend Data Stewardshipの間のマッピングは、MDMエンティティ内のシンプルタイプエレメントにのみ適用されます。