Talend Data Stewardshipでデータレコードを開く - 8.0

Talend MDM Web UIユーザーガイド

Version
8.0
Language
日本語
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Web UI
Content
データガバナンス
Last publication date
2023-11-23

Talend Data Stewardship Talend MDM と統合し、統合マッチングプロセスで生成されたマージングタスクを処理するために使用できます。マージングタスクについては、Talend Data Stewardshipのドキュメンテーションを参照してください。

統合マッチングプロセスが終了すると、関連するマージングタスクに関連付けられたデータレコードに[Open Task] (タスクを開く)オプションが使用できます。専用ユーザーはこのオプションを使用してTalend Data Stewardshipにアクセスし、関連するマージングタスクの詳細を表示できます。

注: マッチングとサバイバーシップのプロセスの後で、ゴールデンレコードのステータスが205である場合、[Open Task] (タスクを開く)オプションはデータレコードとそのソースステージングデータレコードに使用できません。

必要な場合は、[Menu] (メニュー)ペインで[Govern] (統制) > [Data Stewardship]の順にクリックし、Talend Data Stewardship Webアプリケーションのホームページに直接アクセスできます。

始める前に

  • Talend Data StewardshipとMDMの統合が有効になり、適切に設定されます。

  • MDMサーバーが起動済みであること。

  • 適切なユーザー認証とアクセス権でMDMロールが割り当てられていること。

  • タスクへのアクセス権がある認証情報を使用して、Talend Data Stewardshipにログインできます。

このタスクについて

Talend Data Stewardshipでタスク/レコードの詳細を開くには、次の手順に従います。

手順

  1. 目的のレコードをWebユーザーインターフェイスで検索してリスト表示します。
  2. データレコードをクリックし、関連するすべての表示可能な属性を右パネルに表示します。

  3. [More...] (詳細...)をクリックし、[Open Task] (タスクを開く)を選択して、関連付けられたTalend Data Stewardshipタスクを開きます。