データレコードのスマートビューをエンティティ内に開く - 8.0

Talend MDM Web UIユーザーガイド(非推奨)

Version
8.0
Language
日本語
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Web UI
Content
データガバナンス
Last publication date
2024-04-15

スマートビューは、Talend MDM Web UI内にデータレコードの詳細を表示するために使用される"従来の" 生成されるビューに代わるものです。

特定のエンティティに保存されているデータレコードの詳細のHTML表記をレンダリングする、カスタマイズされたビジネス指向のビューです。スマートビューはTalend Studioで作成されます。

特定のエンティティ内のデータレコードを参照しようとすると、そのエンティティのスマートビューがないか、Talend MDMがチェックし、スマートビューが見つかると、"従来の"生成されたフォームを表示するのでなく、このビューを使用して、レコード詳細のHTML表記をレンダリングします。その後、スマートビューと生成されたフォームの間で切り替えを行うことができます。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。
  • 適切なユーザー認証とアクセス権でロールが割り当てられていること。
  • Talend Studio内に少なくとも1つのスマートビューが作成済みであること。

    詳細は、スマートビュープロセスを作成をご覧ください。

  • 管理するマスターデータが保存されているデータコンテナーが選択済みであること、およびマスターデータを照合するデータモデルが検証されるようになっていること。

このタスクについて

選択したデータコンテナー内でエンティティを検索し、スマートビューで開きます。

[Data Browser] (データブラウザー)ページが開き、選択したデータコンテナー内の選択したエンティティに関連するデータレコードがリスト表示されます。レコード詳細が右パネルのスマートビュー(HTML表記)に開きます。

[Generated view] (生成されるビュー)タブをクリックして、"従来の"生成されるフォームに切り替えることができます。

ツールバーで以下のオプションが使用できます。

メッセージが表示されたら 内容...
[Generated view] (生成されるビュー) レコード詳細の生成されるビューに切り替えます。[Generated view] (生成されるビュー)バーと[Personalized view] (パーソナライズされたビュー)バーをそれぞれ使用して、生成されるビューとスマートビューの間で切り替えを行うことができます。
ドロップダウン矢印 選択したエンティティ上にTalend Studioで作成したスマートビューのリストをすべて表示します。このリストから、[Data Browser] (データブラウザー)ページ内に開くスマートビューを選択できます。
[Print] (印刷) レコード詳細をファイルに印刷します。
[Duplicate] (複製) レコードの正確なコピーを新しいページに開きます。次にたとえば、ゼロから作成しなくて済むように、このコピーをベースに新しいレコードを作成します。
[Journal] (ジャーナル) 選択したデータレコードのすべてのログをリスト表示するページを開きます。
ページ表示を更新します。
ドロップダウン矢印 選択したエンティティ上にTalend Studioで作成した実行可能なプロセスのリストをすべて表示します。このリストから、リスト表示されたプロセスを実行して、マスターデータ上に特定のタスクを実行できます。