SQL文を使ってH2データベースでデータを書き込みおよび読み取り - Cloud - 8.0

Database (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント(メディエーション)
Last publication date
2024-02-21

このシナリオは、Talend ESBTalend Data Services PlatformTalend MDM PlatformTalend Real-Time Big Data PlatformTalend Data Fabricにのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talend Mediationコンポーネントをご覧ください。

このシナリオでは次の操作を説明します。
  • 再利用可能なデータベース接続を宣言する
  • SQL文を使ってデータベーステーブルを作成する
  • ルートメッセージボディから抽出したSQL文を使い、テーブルにデータを挿入する
  • データベーステーブルからデータを読み取る

このユースケースを実行するためには、H2データベースエンジンを起動する必要があります。