コンポーネントをドロップしてリンク - Cloud - 8.0

Orchestration (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > オーケストレーションコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > オーケストレーションコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > オーケストレーションコンポーネント(メディエーション)
Last publication date
2023-09-11

このタスクについて

このユースケースでは、1つの cDelayerコンポーネント、2つのcFileコンポーネント、および2つのcProcessorコンポーネントが必要です。

手順

  1. [Palette] (パレット)[Connectivity] (接続性)フォルダーから、2つのcFileコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。1つはローカルフォルダーからファイルを読み取り、もう1つは別のローカルフォルダーにファイルを書き込みます。
  2. [Palette] (パレット)[Custom] (カスタム)フォルダーから、2つのcProcessorコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。1つはソースファイルフォルダーから読み取られたメッセージを監視する読み込みコンポーネントの横に、もう1つはターゲットファイルフォルダーに書き込まれるメッセージを監視する書き込みコンポーネントの横にドロップします。
  3. [Palette] (パレット)[Orchestration] (プロセス制御)フォルダーから、デザインワークスペースのメッセージ読み込みモニターコンポーネントとメッセージ書き込みコンポーネントの間に、1つのcDelayerコンポーネントをドロップします。
  4. [Row] (行) > [Route] (ルート)接続を使ってコンポーネントを接続します。
  5. ルートでのコンポーネントのロールがわかりやすいように、上記のように名前を付けます。