コードを表示させてルートを実行 - Cloud - 8.0

Orchestration (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > オーケストレーションコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > オーケストレーションコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > オーケストレーションコンポーネント(メディエーション)
Last publication date
2023-09-11

手順

  1. デザインワークスペースの下部の[Code] (コード)タブをクリックし、生成されたコードを確認します。
    コードに示されているように、fromReadエンドポイントから.toWriteエンドポイントへルーティングされるメッセージで、20秒の遅延が.delay(20000)に従って実装されます。
  2. F6を押し、ルートを実行します。
    結果: ソースフォルダーから読み取られた各メッセージは、20秒の遅延後にターゲットフォルダーにルーティングされます。