tMelissaDataAddressで使うAPI - Cloud - 8.0

Melissa Data address standardization

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Melissaデータアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Melissaデータアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Melissaデータアドレス標準化コンポーネント
Melissa Dataが提供する次のAPIは、tMelissaDataAddressコンポーネントで使います。
  • 住所オブジェクトは連絡先データをクリーンアップするために使われ、
  • GeoCoderオブジェクトは、地理データへのアクセスに使われます。GeoCodeとGeoPointは、2つの異なるGeoCoder APIメソッドです。GeoCodeを使うと、9桁の郵便番号区画中心点の緯度と経度の座標を取得できます。ライセンスを購入した場合は、GeoPointを使って、住所の屋上レベルの緯度と経度の座標を取得できます。
  • RightFielderオブジェクトは、入力データを解析して使用可能なデータ型に再編成するために使われます。Parse(String address1Str)メソッドは、フィールドを解析するために使われます。