tFileOutputDelimitedの設定 - Cloud - 8.0

Microsoft CRM

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Microsoft CRM
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Microsoft CRM
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Microsoft CRM

手順

  1. tFileOutputdelimitedをダブルクリックし、コンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューを開いてプロパティを定義します。
  2. [Property Type] (プロパティタイプ)[Built-In] (組み込み)に設定し、[File Name] (ファイル名)の横にある[...]ボタンをクリックして、出力ファイルを参照します。
  3. 対応するフィールドに行およびフィールド区切り記号を設定します。
  4. レコードの最後に新しい行を追加する場合は、[Append] (追加)チェックボックスをオンにします。
  5. 出力ファイルにヘッダーが含まれている場合は[Include Header] (ヘッダーを含める)チェックボックスをオンにします。
  6. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、前のコンポーネントからスキーマを取得します。