外部MongoDBを使用してインストールされたTalend Dictionary Service7.xからの移行 - 8.0

Talend ESB 移行&アップグレードガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
ESB
Product
Talend ESB
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

始める前に

手順

  1. 前バージョンのTalend Dictionary Serviceのインスタンスを停止しますが、MongoDBの実行は続けます。
  2. 実行中に、次のコマンドを使用してMongoDBをバックアップします: mongodump -h <source_mongodb_host>:<source_mongo_port> -d <source_database> -u <source_mongodb_user> -p <source_mongodb_password> -o <dump_output>

    例え

    mongodump -h localhost:27017 -d dqdict -u dqdict-user -p duser -o dump\
  3. MongoDBインスタンスを停止します。
  4. MongoDB 4.4をインストールして起動します。
    Talend Dictionary Service 8.0ではMongoDBの4.4バージョンを使用しています。
  5. MongoDBを復元し、コマンドプロンプトウィンドウを開き、次のコマンドを実行します: <mongo_path>/bin/mongorestore -h <mongo_host>:<mongo_port> -u <mongo_dq_username> -p <mongo_dq_password> -d <mongo_dq_database> <backup_location>

    例え

    mongorestore -h localhost:27017 -d dqdict -u dqdict-user -p duser dump\       
  6. 外部MongoDBでTalend Dictionary Service 8をインストールし、Talend Dictionary Serviceの前バージョンのインスタンスと同じ設定を実行します。特にTalend Administration Centerへのリンクを設定し、MongoDB 4.4をポイントします。
    Talend Dictionary Serviceのインストールおよび設定手順の詳細は、『Talendインストールガイド』を参照してください。
  7. <Tomcat>/conf/data-quality.propertiesファイルの前のバージョンと新しいバージョンを開きます。
  8. data-quality.propertiesファイルの新しいバージョンで、次のパラメーター名を新しい名前に置き換えます。
    以前のパラメーター名 新しいパラメーター名
    dq.mongo.host spring.data.mongodb.host
    dq.mongo.port spring.data.mongodb.port
    dq.mongo.username spring.data.mongodb.username
    dq.mongo.password spring.data.mongodb.password
    dq.mongo.database.name spring.data.mongodb.database
    dq.mongo.ssl.enabled spring.data.mongodb.ssl
    dq.mongo.ssl.trust-store spring.data.mongodb.ssl.trust-store
    dq.mongo.ssl.trust-store-password spring.data.mongodb.ssl.trust-store-password
  9. 古いバージョンのdata-quality.propertiesファイルに何らかのカスタム設定を行っていた場合は、古い設定ファイルの値をコピーして8.0バージョンのファイルを更新してください。
  10. 以下を順番に起動してTalend Dictionary Service 8.0を開始します。
    • Apache Zookeeper
    • Apache Kafka
    • Apache Tomcat (Talend Administration CenterサーバーとTalend IdentityおよびAccess Managementサーバー)
    • MongoDB
    • MinIO

タスクの結果

これで、Talend Dictionary Service 8.0を使う準備ができました。