H2ドライバーを1.4.196から1.4.200に変更した後にH2データベースを更新 - 8.0

Talend MDM Platform移行&アップグレードガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
MDM Platform
Product
Talend MDM Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Talend 7.3.x以降、H2データベースドライバーはバージョン1.4.196から1.4.200に変更されています。バージョン1.4.196によってビルドされるデータベースは、バージョン1.4.200と互換性がありません。データベースを更新するには、古いH2ドライバーでデータベースをバックアップして、新しいドライバーでそのバックアップを復元する必要があります。

手順

  1. H2データベースドライバー、h2-1.4.196.jar、h2-1.4.200.jarを準備します。
  2. Scriptツールを使って、データベースをバックアップします:
    // use the h2-1.4.196.jar to backup the current h2 db:talend_administrator to file: tac_backup.zip
    java -cp .\h2-1.4.196.jar org.h2.tools.Script -url "jdbc:h2:file:D:/Tomcats/tacdb/migrate/talend_administrator;MV_STORE=FALSE;AUTO_SERVER=TRUE;LOCK_TIMEOUT=15000" -user tisadmin -password tisadmin -script tac_backup.zip -options compression zip
  3. RunScriptツールを使って、新しいデータベースでバックアップを復元します:
    // use the h2-1.4.200.jar to restore the backup file: tac_backup.zip to new db: talend_administrator_new
    java -cp .\h2-1.4.200.jar org.h2.tools.RunScript -url "jdbc:h2:file:D:/Tomcats/tacdb/migrate/talend_administrator_new;MV_STORE=FALSE;AUTO_SERVER=TRUE;LOCK_TIMEOUT=15000" -user tisadmin -password tisadmin -script tac_backup.zip -options compression zip
  4. talend_administrator_new.h2.dbファイル名をtalend_administrator.h2.dbに更新します。Talend Administration Centerでは、h2-1.4.200ドライバーで動作する新しいファイルを使用します。
    H2データベースを更新、バックアップ、復元する方法の詳細は、https://h2database.com/html/tutorial.html#upgrade_backup_restoreをご覧ください。