SVN/GITから作成サれたタスクをTalend 8.0に移行 - 8.0

Talend Real-Time Big Data Platform 移行&アップグレードガイド

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Real-Time Big Data Platform
Product
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Talend 8.0以降、SVN/GITベースのタスクはTalend Administration Centerでサポートされません。前のバージョンから8.0に移行した後は、[Job Conductor] (ジョブコンダクター)ページにあるツールバーからの[Duplicate] (複製)ボタンを使って、SVN/GITから作成されたタスクを複製できません。
  • 前のバージョンからSVN/GITベースのステータスが[Ready to generate] (生成準備完了)である場合は、Talend 8.0への移行後、ステータスは[Need update] (更新が必要)に変更して、[Error status] (エラーステータス)カラムにSVN/GIT task is not supportedというエラーメッセージが表示されます。ジョブをアーティファクトリポジトリーまたはZIPファイルから更新する必要があります。ジョブが更新される前に、タスクの変更できるプロパティはありません。
  • 前のバージョンからSVN/GITベースのタスクのステータスが[Ready to deploy] (デプロイ準備完了)または[Ready to run] (実行準備完了)である場合は、Talend 8.0への移行後、エラーメッセージがレポートされることなくタスクは以前と同様に動作します。