Talend Data Stewardship用にMongoDBを移行 - 8.0

Talend移行&アップグレードガイド

Version
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2024-04-15

この手順に従ってMongoDB 4.4をMongoDB 5または7にアップグレードし、Talend Data Stewardship用にデータを移行します。互換性があるバージョンの詳細は、互換性があるデータベースをご覧ください。

始める前に

  • Talend Dictionary Serviceをインストールおよび使用して、カスタムセマンティックタイプを作成したり、事前定義されたセマンティックタイプをアップデートした場合は、Talend Dictionary Service MongoDB、そしてTalend Data Stewardship MongoDBの順に移行する必要があります。詳細は、「Talend Dictionary Service用にMongoDBを移行」をご覧ください。

手順

  1. 前バージョンのTalend Data Stewardshipのインスタンスを停止しますが、MongoDBの実行は続けます。
  2. 次のコマンドを実行してMongoDBをバックアップします。

    Linuxの場合:

    <mongo_path>/bin ./mongodump -h <source_mongodb_host>:<source_mongo_port> -u <mongo_tds_username> -p <mongo_tds_password> -d <mongo_tds_database> -o <backup_location>

    Windowsの場合:

    <mongo_path>/bin>mongodump -h <source_mongodb_host>:<source_mongo_port> -u <mongo_tds_username> -p <mongo_tds_password> -d <mongo_tds_database> -o <backup_location>

    例: mongodump -h localhost:27017 -u tdsuser -p tds -d tds -o dump\

  3. MongoDBインスタンスを停止します。
  4. MongoDB 4.4をアンインストールします。
  5. MongoDB 5または7をインストールします。MongoDBのインストールの詳細は、MongoDBのドキュメンテーションをご覧ください。
  6. MongoDBの新しいバージョンを開始します。
  7. 次のコマンドを実行してMongoDBバックアップを復元します。

    Linuxの場合:

    <mongo_path>/bin ./mongorestore -h <mongo_host>:<mongo_port> -u <mongo_tds_username> -p <mongo_tds_password> -d <mongo_tds_database> <backup_location>  

    Windowsの場合:

    <mongo_path>/bin>mongorestore -h <mongo_host>:<mongo_port> -u <mongo_tds_username> -p <mongo_tds_password> -d <mongo_tds_database> <backup_location>

    例: ./mongorestore -h localhost:27017 -u tdsuser -p tds -d tds -o dump\

  8. Talend Data Stewardshipを開始します。