ジョブを作成 - Cloud - 8.0

MongoDB

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB

手順

  1. Talend Studioを起動し、空のジョブを作成します。
  2. ジョブで使用するコンポーネントを[Palette] (パレット)からドラッグし、デザインワークスペースにドロップします。
  3. 上の図のようにコンポーネントを接続させます。
    • デザインワークスペースへのコンポーネントの配置は、デザインワークスペースでいずれかの空の領域をクリックし、コンポーネント名前の一部か完全名を入力し、コンテキストメニューでコンポーネントを選択し、コンポーネントをダブルクリックしてEnterキーを押す方法もあります。
    • 行(メイン)接続を使って2つのコンポーネントを接続させるためには、最初のコンポーネントを右クリックし、[Row] (行) > [Main] (メイン)をクリックして、2番目のコンポーネントをクリックします。
    • OnSubjobOk接続を使って2つのコンポーネントを接続させるためには、最初のコンポーネントを右クリックし、[Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)をクリックして、2番目のコンポーネントをクリックします。
    • デザインワークスペースのコンポーネントには一意のラベルが割り当てられます。コンポーネントにカスタムラベルを割り当てるためには、コンポーネントを選択し、[View] (表示)ビューに切り替えて、[Label format] (ラベル形式)フィールドにカスタムラベルを入力します。
    注: このシナリオでは、上の図にあるラベルを使ってコンポーネントが参照されます。