ジョブを実行 - Cloud - 8.0

MongoDB

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB

手順

  1. Ctrl + Sを押してジョブを保存します。
  2. [F6]を押してジョブを実行します。
    出力コンソールにある3つのテーブルの場合:
    • tLogRow_4テーブルには、nameフィールドがname1であるレコードがJSON文字列として表示されます。これは、tMongoDBInput_2コンポーネントのスキーマに、[DB Column] (DBカラム)*であり、[Type] (タイプ)文字列であるカラムが存在するためです。文字列はtMongoDBOutput_2コンポーネントに渡されます。このコンポーネントは、ダイナミックスキーマを使ってTDI44990_2というコレクションにこの文字列を挿入します。
    • tLogRow_5テーブルには、nameフィールドがname2であるレコードがオブジェクトとして表示されます。これは、tMongoDBInput_3コンポーネントのスキーマに、[DB Column] (DBカラム)*であり、[Type] (タイプ)オブジェクトであるカラムが存在するためです。データオブジェクトはtMongoDBOutput_3コンポーネントに渡されます。このコンポーネントは、ダイナミックスキーマを使ってTDI44990_2というコレクションにオブジェクトを挿入します。
    • tMongoDBInput_4コンポーネントはTDI44990_2というコレクションからレコードをすべて取得し、tLogRow_6コンポーネントにこのレコードを渡すことにより、tMongoDBOutput_2コンポーネントとtMongoDBOutput_3コンポーネントの操作を検証します。tLogRow_6テーブルは、検索されたすべてのレコードの内容をリスト化します。
    • 3つの表から、tMongoDBOutput_2コンポーネントとtMongoDBOutput_3コンポーネントがTDI44990_2コレクションへデータを適切に挿入していることがわかります。