tFileInputMSDelimitedの標準プロパティ - Cloud - 8.0

MS Delimited

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > MS区切りコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > MS区切りコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > MS区切りコンポーネント
Last publication date
2024-02-28

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtFileInputMSDelimitedを設定するために使われます。

標準tFileInputMSDelimitedコンポーネントは、ファイルファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Multi Schema Editor] (複数のスキーマエディター)

[Multi Schema Editor] (複数のスキーマエディター)を使用すると、複数のストラクチャー化区切りファイルにデータフローを構築して構成し、出力ごとに1つのスキーマを関連付けることができます。

詳細は、複数のスキーマエディターをご覧ください。

[Output] (出力)

さまざまなフィールド区切りが使用されている場合は、関連するレコードタイプと各スキーマに対応するフィールド区切りと共に、[Multi Schema Editor] (複数のスキーマエディター)で定義したすべてのスキーマをリスト表示します。

Die on error (エラー発生時に強制終了)

このチェックボックスをオンにすると、エラー発生時にジョブの実行が停止されます。エラーの発生した行をスキップし、エラーが発生していない行の処理を完了するには、このチェックボックスをオフにします。

詳細設定

[Trim all column] (すべてのカラムのトリム)

このチェックボックスをオンにすると、先行ホワイトスペースおよび後続ホワイトスペースが定義済みのカラムから削除されます。

[Validate date] (データの検証)

このチェックボックスをオンにすると、日付形式が入力スキーマに対して厳密にチェックされます。

高度な区切り(数字用)

数値に使用する区切りを変更するには、このチェックボックスをオンにします。

[Thousands separator] (3桁区切り): 数字3桁の区切り文字を定義します。

[Decimal separator] (小数点区切り): 小数点の区切り文字を定義します。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルやコンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

グローバル変数

NB_LINE: 処理された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー発生時に強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入力する場合は、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、使用する変数を選択します。

変数の詳細は、コンテキストと変数を使用をご覧ください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントを使用して、複数ストラクチャーの区切りファイルを読み取り、定義された区切り文字を使用してこれらのファイルに含まれるフィールドを区切ります。

制限事項

ライセンスの互換性の問題のため、このコンポーネントの使用に必要な1つ以上のJARが提供されていません。この特定のコンポーネントに不足しているJARをインストールするには、Component (コンポーネント)タブビューの[Install] (インストール)ボタンをクリックします。Talend StudioIntegrationパースペクティブにある[Modules] (モジュール)タブでも、不足しているすべてのJARを簡単に見つけて追加できます。詳細は、外部モジュールをインストールをご覧ください。