ジョブを保存して実行 - Cloud - 8.0

MS Delimited

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > MS区切りコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > MS区切りコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > MS区切りコンポーネント

手順

  1. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。
  2. [F6]を押すか、[Run] (実行)タブの [Run] (実行)をクリックしてジョブを実行します。
    複数のスキーマで区切られたファイルが行ごとに読み込まれ、[Multi Schema Editor] (複数のスキーマエディター)の定義に従って、抽出されたフィールドが[Run Job] (ジョブ実行)コンソールに表示されます。