cMulticastの標準プロパティ - Cloud - 8.0

Multicast (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > マルチキャストコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > マルチキャストコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > マルチキャストコンポーネント(メディエーション)

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているcMulticastを設定するために使います。

Standard cMulticastコンポーネントはRoutingファミリーに属しています。

基本設定

URIS

URIテーブルに必要な数の行を追加して、メッセージのルーティング先のエンドポイントを定義します。

[Use ParallelProcessing] (ParallelProcessingの使用)

指定したエンドポイントに同時にメッセージをマルチキャストするには、このチェックボックスをオンにします。

[set timeout] (タイムアウトの設定)

このチェックボックスをオンにして、[Timeout] (タイムアウト)フィールドにタイムアウトをミリ秒単位で設定します。cMulticastが設定された時間内にすべてのメッセージを送信および処理できなかった場合、cMulticastは中断して続行します。

このチェックボックスは、[Use ParallelProcessing] (ParallelProcessingの使用) チェックボックスがオンの場合にのみ表示されます。

[Use Aggregation Strategy] (集約戦略を使用)

このチェックボックスをオンにして、メッセージソースからのメッセージを単一の発信メッセージにアセンブルするための集約戦略として、事前定義されたJava Beanを参照します。

デフォルトでは、最後のメッセージが発信メッセージとして機能します。

[Stop On Exception] (例外発生時に停止)

例外が発生した時にすぐに処理を停止するには、このチェックボックスをオンにします。

使用方法

使用ルール

cMulticastは、ルート内の中間または終了コンポーネントとして使います。

[Connections] (接続)

[Route] (ルート): メッセージを送信元から次のエンドポイントにルーティングするには、このリンクを選択します。

  EndBlock: メッセージをルートのエンドブロックから次のエンドポイントにルーティングするには、このリンクを選択します。

制限事項

 該当せず