目的の顧客レコードのクエリーを設定する - Cloud - 8.0

MySQL validation

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 評価検証 > MySQL検証コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 評価検証 > MySQL検証コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 評価検証 > MySQL検証コンポーネント

手順

  1. tMySQLInvalidRowsをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. 特定のデータクオリティルールを使用するために、[Validation type] (検証タイプ)フィールドで[DQ rule validation] (DQルール検証)を選択します。
  3. [Use an existing connection] (既存の接続を使用)を選択して、tMysqlConnectionが作成する接続を再利用します。
  4. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  5. [+]ボタンを3回クリックして行を3つ追加し、名前をそれぞれ、NameDOBEmailに変更します。
  6. DOB行で、[DB type] (DBタイプ)カラムにVARCHARを選択し、[Length] (長さ)カラムに19[Precision] (精度)カラムに0を入力します。
  7. [OK]をクリックしてこれらの変更を確定し、ポップアップ表示されるダイアログボックスで求められるプロパゲーションを承認します。
  8. チェックするデータベーステーブルを[Table name] (テーブル名)フィールドに入力するか、またはそのデータベーステーブルまで移動します(このサンプルではcust)。
  9. 特定のデータクオリティルールに加え、使用するwhere句を[Where clause] (Where句)フィールドに入力し、目的の顧客データをクエリーします。このシナリオでは、引用符の間に`cust`.`Email` like 's%'と入力して、sSで始まるメールレコードを取得します。
  10. 使用するデータクオリティルールを[DQ rule list] (DQルールリスト)フィールドで選択します。このシナリオでは、cust_ageを選択します。このルールは、 18<=((TO_DAYS(NOW())-TO_DAYS(DOB))/365) を読み込むデモルールです。
    [DQ Repository] (DQリポジトリー)[Libraries] (ライブラリー) > [Rules] (ルール) > SQLで、使用可能なデータクオリティルールを確認できます。cust_ageルールはTDQEEDEMOJAVAプロジェクトからインポートできます。
    [DQ Repository] (DQリポジトリー)とそのアイテムについて、およびデータクオリティデモプロジェクトのインポート方法については、『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。
  11. [Guess Query] (クエリーの推測)をクリックして、Not句を使用する対応するクエリー句を生成します。
  12. [Query] (クエリー)フィールドで1820に変更して、句を次のように変更します。
    
                      "SELECT `Name`, `DOB`, `Email` FROM `crm`.`cust` 
      WHERE (NOT ( 20>((TO_DAYS(NOW())-TO_DAYS(DOB))/365) )
      AND `cust`.`Email` like 's%')"
                   
    この句により、年齢カウントが20以上の顧客を選択できます。