Apache Spark Streamingジョブ用にSparkストリームを設定 - Cloud - 8.0

MySQL

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
Last publication date
2024-03-07
Sparkジョブがどのくらいの頻度でマイクロバッチを作成し、処理するのかを定義します。

手順

  1. [Batch size] (バッチサイズ)フィールドで、ジョブがソースデータを検証して変更を特定し、新しいマイクロバッチを処理するまでの間隔を入力します。
  2. 必要な場合は、[Define a streaming timeout] (ストリーミングタイムアウトを設定)チェックボックスをオンにし、表示されたフィールドに、ストリーミングジョブが自動的に実行を停止するまでの期間を入力します。