親ジョブのデータフローの配置 - Cloud - 8.0

MySQL

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
Last publication date
2024-03-07

手順

  1. デザインワークスペースにコンポーネント名を入力するか、[Palette] (パレット)からドロップして以下のコンポーネントを追加します:
    • tRunJobコンポーネント。子ジョブを呼び出します。

    • tMysqlConnectionコンポーネント(tDBConnection_1として表示)。MySQLデータベース接続を開きます。

    • tMysqlInputコンポーネント(tDBInput_1として表示)。子ジョブによってMySQLデータベースに書き込まれたデータを読み取ります。

    • tLogRowコンポーネント。コンソールにデータを表示します。

    • tMysqlCommitコンポーネント(tDBCommit_1として表示)。トランザクションでデータをコミットし、データベース接続を閉じます。

  2. [Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)接続を使って、tRunJobコンポーネントをtMysqlConnectionに接続させます。
  3. [Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)接続を使って、tMysqlConnectionコンポーネントをtMysqlInputコンポーネントに接続します。
  4. [Row] (行)>[Main] (メイン)接続を使用して、tMysqlInput コンポーネントをtLogRowコンポーネントに接続します。
  5. [Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)接続を使って、tMysqlInputコンポーネントをtMysqlCommitコンポーネントに接続します。