ジョブを設定して実行 - Cloud - 8.0

Neo4j

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j
Last publication date
2024-02-28

手順

  1. tNeo4jv4ImportToolをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、次の操作を行います。
    1. Neo4jv4データベースサーバーのインストール先パス(この例では D:/neo4j)を、[Neo4j Home] (Neo4jホーム)フィールドに入力します。
    2. [Database name] (データベース名)フィールドに、ノードとリレーションシップを作成するデータベースの名前(この例ではneo4j)を入力します。
      データベースが存在しない場合は作成されます。指定されたデータベースが既に存在する場合は、そのデータベースが空であることを確認します。また、[Advanced settings] (詳細設定)ビューで[Force overwrite database content] (データベースコンテンツの上書きを強制)オプションを選択することもできます。この場合、データベースのコンテンツは失われます。
    3. [Nodes] (ノード)テーブルの下にあるプラスボタンをクリックして行を追加し、[Path to file] (ファイルへのパス)フィールドに"D:/test/actors.csv"と入力します。
    4. [Nodes] (ノード)テーブルの下にあるプラスボタンをもう一度クリックして行を追加し、[Path to file] (ファイルへのパス)フィールドに"D:/test/movies.csv"と入力します。
    5. [Relations] (リレーション)テーブルの下にあるプラスボタンをクリックして行を追加し、[Value] (値)フィールドに"D:/test/roles.csv"と入力します。
    6. [Advanced settings] (詳細設定)ビューで、[Force overwrite database content] (データベースコンテンツの上書きを強制)オプションを選択します。
      [Database name] (データベース名)で指定されたデータベースが存在しない場合、このステップはスキップできます。
    7. 他のオプションはそのままにしておきます。
  2. Ctrl + Sを押してジョブを保存します。
  3. F6を押すか、[Run] (実行)タブの[Run] (実行)をクリックしてジョブを実行します。
  4. Neo4jサーバーを再起動し、データベースに追加されたデータをロードします。

    次の図のように、ノードとノード間のリレーションシップが作成されます。