Talend ESB Containerでの監視エンドポイントの設定 - 8.0

Linux版Talend Open Studioインストール&アップグレードガイド

Version
8.0
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
オープンソース
Product
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for Data Quality
Talend Open Studio for ESB
Module
Talend ESB
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Open Studio for ESB

手順

  1. [Service Activity Monitoring Server] (サービスアクティビティ監視サーバー)ページ(http://localhost:8080/sam-server-war/services/sam)で [services] (サービス)リンクをクリックします。
  2. サービスページで、エンドポイントアドレスをコピーします(例、http://localhost:8080/sam-server-war/services/MonitoringServiceSOAP)。
  3. Talend ESB Container設定ディレクトリー<TalendESBPath>/container/etcに移動し、正しい監視エンドポイントのSAMエージェントを設定します。
  4. org.talend.esb.sam.agent.cfgファイルを編集します。
  5. service.urlフィールドを新しいエンドポイントアドレスで置き換えます。