監視サーバーの前提条件 - 8.0

Windows版Talend Open Studioインストール&アップグレードガイド

Version
8.0
Language
日本語
EnrichDitaval
Windows
EnrichSubscriptionType
オープンソース
Product
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for Data Quality
Talend Open Studio for ESB
Module
Talend ESB
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Open Studio for ESB

監視サーバーにはイベントデータを保存するためのデータベースエンジンが必要です。サポートされるデータベースは互換性があるデータベースに記載されています。

次に各データベースに対応するスクリプトファイルを示します。これらを実行すると、データベースを適切に設定できます。SQLスクリプトは<TalendESBPath>/add-ons/sam/dbディレクトリーに含まれています。

SQLスクリプトファイル名

データベース

create.sql Apache Derby
create_mysql.sql MySQL
create_oracle.sql Oracle
create_sqlserver.sql SQL Server
create_h2.sql H2 Database Engine
create_db2.sql IBM DB2

手順

  1. 使用するデータベースが適切にインストールされ、アクセス可能であることを確認します。
  2. CREATE(作成)権限を持つユーザーとしてログインします。
  3. 上記のテーブルに従って、データベースに対応する初期化SQLスクリプトを実行します。
    ヒント: db.recreatelogserver.propertiesプロパティがtrue設定されている場合、監視サーバーの起動時にSQLスクリプトが自動的に実行されます。この方法は、組み込みモードで実行されているApache Derby以外のデータベースではお勧めできません。

タスクの結果

次に、イベントとEVENTS_CUSTOMINFOテーブルがデータベースに作成されていることを確認します。

これで、監視サーバーをスタンドアロンまたはTalend ESB Containerのフィーチャーとしてインストールできます。