tPartitionerの標準プロパティ - Cloud - 8.0

Orchestration (インテグレーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

このプロパティは[Standard] (標準)ジョブフレームワークで実行するtPartitionerの設定で使用されます。

[Standard] (標準) tPartitionerコンポーネントは、プロセス制御ファミリーに属しています。

このコンポーネントは、ビッグデータ対応のTalend製品、Talend Data Management Platform、Talend Data Services Platform、Talend MDM Platform およびTalend Data Fabricで利用できます。

基本設定

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは[Built-in] (組み込み)か、[Repository] (リポジトリー)にリモートで保存されます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを利用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続をアップデート): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。

    変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

[Sync columns] (カラムを同期)をクリックすると、ジョブで接続している先行コンポーネントからスキーマが取得されます。

 [Number of Child Threads] (子スレッドの数)

入力レコードを複数スレッドに分割する場合のスレッド数を入力します。

この数字はN-1にすることを推奨します。ここで、Nはデータを処理するマシンのCPU数またはコア数を表します。

[Buffer Size] (バッファーサイズ)

この行数を超えるとメモリが解放されます。

生成された個別のスレッドでキャッシュする行数です。

[Use a key hash for partitions] (分割用にキーハッシュを使用)

ハッシュモードを使って入力レコードをスレッドに転送するには、このチェックボックスをオンにします。

これを選択すると、[Key Columns] (キーカラム)テーブルが表示されるため、ハッシュモードを適用するカラムをこのテーブルに設定します。ハッシュモードでは、同じ条件を満たすレコードが同じスレッドに転送されます。

このチェックボックスをオフにすると、転送モードは総当たり方式となり、レコードはローテーションで1件ずつ処理されて各スレッドに転送され、最後のレコードが転送されるまで続きます。このモードでは、同じ条件を満たすレコードが必ずしも同じスレッドに入らないことにご注意ください。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー発生時に強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

NB_LINE: 処理された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、 Talend Studio ユーザーガイドをご覧ください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントは入力コンポーネントの後ろに、そしてtCollectorの前に置きます。

このコンポーネントは、tCollectorへの接続に[Trigger] (トリガー) > [Start] (開始)リンクのみを使用できます。

[Connections] (接続)

外部リンク(このコンポーネントから別のコンポーネントへのリンク):

[Trigger] (トリガー): 開始。

受信リンク (あるコンポーネントからこのコンポーネントへのリンク):

[Row] (行): メイン。

接続に関する詳細は、 Talend Studioユーザーガイドをご覧ください。