tFixedFlowInput_1コンポーネントを設定 - Cloud - 8.0

PostgreSQL

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > PostgreSQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > PostgreSQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > PostgreSQL
Last publication date
2024-02-28
tFixedFlowInput_1コンポーネントは、Google Cloud SQL for PostgreSQLインスタンスに書き込むデータをtDBOutput_1コンポーネントに渡します。

手順

  1. tFixedFlowInput_1をダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]をクリックし、スキーマエディターを開きます。
  3. スキーマエディターに、idカラム(Integer型)、nameカラム(String型)、addressカラム(String型)という3つのカラムを追加します。
  4. [Use Inline Content] (インラインコンテンツを使用)オプションを選択し、[コンテンツ] (Content)フィールドのGoogle Cloud SQL for PostgreSQLにアクセスにデータをコピーして貼り付けます。
  5. 他のオプションはそのままにしておきます。