手順 - Cloud - 8.0

処理(インテグレーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. tMysqlInputコンポーネント、tExtractXMLFieldコンポーネント、tFileOutputDelimitedコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。
    [Main] (メイン)リンクを使って、3つのコンポーネントを接続します。
  2. tMysqlInputをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、プロパティを定義します。
  3. [Repository] (リポジトリー)ツリービューに入力スキーマが既に保存されている場合は、まず[Property Type] (プロパティタイプ)リストから、次に[Schema] (スキーマ)リストから[Repository] (リポジトリー)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ダイアログボックスを表示します。ここで、関連するメタデータを選択します。
    [Repository] (リポジトリー)ツリービューにスキーマメタデータを保管する方法の詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。
    入力スキーマをローカルに保存していない場合は、 [Property Type] (プロパティタイプ)および[Schema] (スキーマ)フィールドで[Built-in] (組み込み)を選択し、データベース接続およびデータ構造情報を手動で入力します。tMysqlInputの詳細は、tMysqlInputを参照してください。
  4. [Table Name] (テーブル名)フィールドに、この例のXMLデータcustomerdetailsを保持するテーブルの名前を入力します。
    [Guess Query] (クエリーの推測)をクリックして、スキーマに対応するクエリーを表示します。
  5. tExtractXMLFieldをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、プロパティを定義します。
  6. [Sync columns] (カラムを同期)をクリックすると、先行コンポーネントからスキーマが取得されます。[Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして、スキーマを表示や変更できます。
    [Mapping] (マッピング)テーブルの[Column] (カラム)フィールドには、定義されたスキーマが自動的に入力されます。
  7. [Xml field] (XMLフィールド)リストで、XMLデータを抽出するカラムを選択します。このサンプルでは、XMLデータを保持するフィールドはCustomerDetailsと呼ばれます。
    [Loop XPath query] (ループXPathクエリー)フィールドに、ループしてデータを取得するXMLツリーのノードを入力します。
    [Xpath query] (Xpathクエリー)カラムに、抽出するデータを保持するXMLフィールドのノード(このサンプルではCustomerName)を反転したコンマの間に入力します。
  8. tFileOutputDelimitedをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、プロパティを定義します。
  9. [File Name](ファイル名)フィールドに、抽出したデータを書き込む出力ファイルのパスを定義または参照します。
    [Sync columns] (カラムを同期)をクリックすると、先行コンポーネントからスキーマが取得されます。必要であれば、[Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックしてスキーマを表示します。
  10. ジョブを保存し、F6をクリックして実行します。

タスクの結果

tExtractXMLFieldは、定義されたデータベーステーブルのCustomerDetailsフィールドのノードCustomerNameの下にあるクライアント名を読み込んで抽出します。