区切り付きファイルを読み取るコンポーネントを設定 - 8.0

Talend Studioでファイルを読み取り

Version
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン
Last publication date
2024-02-06

Talend Studioのコンポーネントを使えば、特定のアクションを完了できるようになります。コンポーネントはジョブに追加できます。tFileInputDelimitedコンポーネントを使えば、区切り付きファイルを読み取ったりできるようになります。

始める前に

このチュートリアルでは.csvファイルを使います。.csvファイルがない場合は、次のフォルダーをダウンロードしてcustomers_unordered.zipファイルを抽出します。

手順

  1. [Designer] (デザイナー)内をクリックします。
  2. tFileInputDelimitedと入力し、同名のコンポーネントを選択します。
  3. [Designer] (デザイナー)で、tFileInputDelimitedコンポーネントをダブルクリックします。
    1. [File Name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックします。
    2. [File Explorer] (ファイルエクスプローラー)で目的のファイルを選択します。
    3. オプション: そのファイルの[Field Separator] (フィールド区切り)をチェックし、必要であれば変更します。
      注: 最も一般的な[Field Separator] (フィールド区切り) ; です。

タスクの結果

tFileInputDelimitedコンポーネントが追加され、読み取るファイルが選択されます。