コンポーネントを設定 - Cloud - 8.0

Recipient List (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > 受信者リストコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > 受信者リストコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > 受信者リストコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. cFileをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Path] (パス)フィールドにソースメッセージへのパスを入力します(例: "E:/data/input")。その他のデフォルト設定はそのままにしておきます。
  3. cSetHeaderをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [+]をクリックして、[Headers] (ヘッダー)テーブルに行を追加します。
    [Name] (名前)フィールドにヘッダー名を入力します(例: "ListOfRecipients")。
    [Language] (言語)リストでConstantを選択します。
    [Value] (値)フィールドにエンドポイントURIを入力します(例: "direct:a,direct:b")。
  5. cRecipientListをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [Language] (言語)リストで[Header] (ヘッダー)を選択します。
    [Expression] (式)フィールドに受信者リストを含むヘッダーの名前を入力します("ListOfRecipients")。
  7. Recipient_Aをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、受信者AのURIを定義います。
    Recipient_Bにも同じ操作を行って、受信者BのURIを定義します。
  8. Print_File_Name_Aをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、Recipient_Aが受信するメッセージを出力する以下のコードを入力します:System.out.println("Recipient_a just downloaded:"+exchange.getIn().getHeader("CamelFileName"));
    Print_File_Name_Bにも同じ操作を実行して、コードボックスに以下のコードを入力します。
    System.out.println("Recipient_b just downloaded:"+exchange.getIn().getHeader("CamelFileName"));
  9. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。