コンポーネントをドロップしリンクさせる - Cloud - 8.0

Recipient List (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > 受信者リストコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > 受信者リストコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > 受信者リストコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. 以下のコンポーネントを[Palette] (パレット)からワークスペースにドラッグ&ドロップします: cFilecSetHeadercRecipientList、2つのcMessagingEndpoint、2つのcProcessorcFileコンポーネントの名前を Read_Inputに変更します。2つのcMessagingEndpointコンポーネントの名前をRecipient_ARecipient_Bに変更します。2つのcProcessorコンポーネントの名前をPrint_File_Name_APrint_File_Name_Bに変更します。
  2. [Row] (行) > [Route] (ルート)接続を使って、Read_InputcSetHeaderにリンクします。
  3. [Row] (行) > [Route] (ルート)接続を使って、cSetHeadercRecipientListにリンクします。
  4. [Row] (行) > [Route] (ルート)接続を使って、Recipient_APrint_File_Name_Aにリンクします。
  5. [Row] (行) > [Route] (ルート)接続を使って、Recipient_BPrint_File_Name_Bにリンクします。