コードを表示してルートを実行する - Cloud - 8.0

Recipient List (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > 受信者リストコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > 受信者リストコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > 受信者リストコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. デザインワークスペースの下部の[Code] (コード)タブをクリックし、生成されたコードを確認します。
    上記のように、ルートは.constant("direct:a,direct:b")を使ってメッセージをRead_Input_cFile_1.setHeader("ListOfRecipients")から取得します。次に、cRecipientList_1.header("ListOfRecipients")を読み込み、メッセージをそこに含まれている受信者にルーティングします。
  2. F6を押し、ルートを実行します。
    メッセージはヘッダーに含まれている受信者に送信されます。