継続的インテグレーション: 新しい機能 - 8.0

Talend Data Fabricリリースノート

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Data Fabric
Product
Talend Data Fabric
Content
インストールとアップグレード
リリースノート

機能

説明

Talend CommandLineインストール Talend Studioに、新規または既存のTalend Studioをアップグレードすると、Talend CommandLineをインストールできる2つのスクリプト(Windows版のcommandline_upgrade.batと Linux版のcommandline-linux_upgrade.sh)が追加されました。
パッチインストールに関連するCI Mavenパラメーターの更新 Talend Studioパッチと更新のインストールに使用される一部のCIパラメーターは変更されました:
  • -Dupdatesite.pathパラメーターが2つのパラメーターに置き換えられるようになりました。 -Dtalend.studio.p2.baseTalend Studio P2リポジトリーがあるURLの定義に、-Dtalend.studio.p2.updateは累積パッチが保管されるURLの定義に使用されます。
  • -Dpatch.pathパラメーターも引き続き使えますが、アーカイブドキュメントやコンポーネントパッチ専用です。累積パッチの場合は-Dtalend.studio.p2.updateパラメーターを使う必要があります。
Dockerに関連するCI Mavenパラメーターの更新 Dockerへのアーティファクトの公開に使われるCIパラメーターが一部変更されています。
  • -Ddocker.push.registryパラメーターが-Djkube.docker.push.registryに置き換えられるようになりました。
  • -Ddocker.push.usernameパラメーターが-Djkube.docker.usernameに置き換えられるようになりました。
  • -Ddocker.push.passwordパラメーターが-Djkube.docker.passwordに置き換えられるようになりました。
  • -Ddocker.hostパラメーターが-Djkube.docker.hostに置き換えられるようになりました。
デフォルトでコミットされないプロジェクトPOMファイル パフォーマンス上の理由により、バージョン8以降ではプロジェクトのPOMファイルがGitリポジトリーにデフォルトでコミットされることはありませんが、必要であれば簡単に生成および更新できます。

プロジェクトのPOMファイルをすべて生成するには、ビルド時にmvn org.talend.ci:builder-maven-plugin:8.0.1:generateAllPomsコマンドを実行します。