Data Integration: 以前のバージョンから8.0への移行 - 8.0

Talend Data Fabricリリースノート

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Data Fabric
Product
Talend Data Fabric
Content
インストールとアップグレード
リリースノート

アイテム

説明

プロジェクト移行 Talend 8.0以降、4.1以前のバージョンからプロジェクトを移行することはサポートされなくなりました。
Log4j

Log4j 1のみサポートするより古いバージョンからプロジェクトがインポートされる時に、そのより古いバージョンでLog4jが有効になっていれば、8.0へログインできるようLog4j 1はデフォルトで使用されます。このLog4j 1に比べて大幅に改良が行われたLog4j 2に移行する場合は、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスの[Log4j]ビューにある[Log4j version] (Log4jバージョン)ドロップダウンリストからこのLog4j 2を選択してください。Log4jバージョンを変更すると、プロジェクトのPOMファイルがすべて同期化されます。

注: Talend Cloudにジョブをデプロイする必要がある場合は、Log4j 2の使用にはTalend Remote Engine 2.8.1以降が必要です。この要件が満たされないと、Log4j 2が有効になっているジョブではログが表示されなくなります。