ESB: 7.x.xから8.0.1への移行 - 8.0

Talend Data Fabricリリースノート

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Data Fabric
Product
Talend Data Fabric
Content
インストールとアップグレード
リリースノート

Studio

項目

説明

ESB Studioのアップグレード ESB Studioを新たにインストールする必要があります。7.1、7.2、7.3のいずれかのプロジェクトをローカルワークスペースからエクスポートして、ESB Studio 8.0.1を使ってプロジェクトをインポートする必要があります。
リモートプロジェクトのアップグレード 共有(リモート)プロジェクトを使用する場合は、最初にTalend Administration Centerをアップグレードし、次にリモートプロジェクトに接続する必要があります。これ以外の処理は必要ありません。
Studioプロジェクトのアップグレード Studioプロジェクトは手動による移行を行わずに使用できます。データサービス、ジョブ、ルートがESB Studio内に開くと、変更の必要なコンポーネントは自動的にアップグレードされます。

ランタイム

項目

説明

ESB Runtimeのアップグレード ESB Runtime (OSGiコンテナー)を新たにインストールする必要があります。

Talend Administration Center

アイテム

説明

Talend Administration Centerのアップグレード Talend Administration Centerを新たにインストールする必要があります。『Talend移行ガイド』で移行に関する章を参照してください。

Talend Administration Center 8.0でのESBに関するページは、ESBコンダクターを除いて、コンテナーの旧バージョンに対して下位互換性がありません。ただし、7.xコンテナーにタスクをデプロイおよびアンデプロイすることはまだサポートされています。