R2021-12で注目される修正 - 8.0

Talend Data Fabricリリースノート

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Data Fabric
Product
Talend Data Fabric
Content
インストールとアップグレード
リリースノート

ビッグデータ

問題

説明

セキュリティの脆弱性: Log4j2 Log4j2の脆弱性に関連し、Azure SynapseディストリビューションやHD Insight 4.0ディストリビューションを使ったSpark BatchジョブとSpark Streamingジョブが失敗することがありました。この問題はコンポーネントでLog4jを無効化することで修正されました。

[File] (ファイル) > [Edit Project Properties] (プロジェクトプロパティを編集) > [Project Settings] (プロジェクト設定)[Log4j]ビューで、[Activate log4j in components] (コンポーネントでlog4jを有効にする)チェックボックスを必ずオフにしてください。

EMR 6.2ディストリビューションで、tDatamaskingコンポーネントを含まれているジョブが失敗する EMR 6.2ディストリビューションでSpark Batchジョブが実行できない問題は、JARをアップデートすることで修正されました。
Sparkジョブで相互結合を使用する際のNullPointerExceptionエラー SparkジョブでtMapを使って結合を設定できないという問題が修正されました。NullPointerExceptionエラーはもう表示されません。
Hiveで大文字と小文字を区別するとエラーが発生する 大文字と小文字を区別するとジョブが失敗する問題が修正されました。HiveテーブルのHiveクエリーでは、もう大文字と小文字が区別されません。スキーマは小文字で定義されており、クエリーでは大文字で書かれていても、ジョブが失敗しなくなりました。たとえば、select ID, NAME from tableselect id, name from tableという2つのクエリーは両方とも動作します。

Data Integration

問題

説明

セキュリティの脆弱性: Log4j2 - CVE-2021-44228

この脆弱性は、Talend Studio、Data Integrationコンポーネント、Data Qualityコンポーネント、ESBコンポーネント、Metadata Bridgeに影響します。

この問題はLog4j2のバージョンを2.16にアップグレードすることで修正されました。

セキュリティの脆弱性: CVE-2021-35517

この問題はMetadata Bridgeパッチ20211213-1157で修正されました。

Data Mapper

問題

説明

[Unroll from Loop] (ループから展開)機能を使ってtHMapジョブを実行するとエラーが発生する 展開されたエレメントが完全に検証されず、そのようなエレメントを使用してジョブを実行するとエラーが発生していた問題が修正されました。

Data Quality

問題

説明

分析でのパフォーマンスの問題 分析を開いている時にStudioを使用できなくなっていた問題が修正されました。
共有接続でtMatchGroupを使用するとエラーが発生する tDBInputtMatchGroup、共有接続を使用しているジョブでtMatchGroup設定を開くことができなかった問題が修正されました。