R2022-01の新機能 - 8.0

Talend Data Integration製品リリースノート

Version
8.0
Language
日本語
EnrichDitaval
Data Integration
Product
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for Data Quality
Content
インストールとアップグレード
リリースノート

データインテグレーション: 新機能

機能

説明

製品

Salesforceコンポーネント: Endpointの最新バージョンのサポート 本リリースの Salesforceコンポーネントでは、Endpointの最新バージョン(つまりEndpointバージョン52)がサポートされています。

Talend Open Studio for Data Integration

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

新しいコンポーネント: tApacheKuduInputtApacheKuduOutput 本リリースにはtApacheKuduInputtApacheKuduOutputというコンポーネントが新しく追加されています。これによってApache Kuduクラスターへのアクセスが可能です。

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

新しいコンポーネント: tAzureAdlsGen2Connection 本リリースにはtAzureAdlsGen2Connectionコンポーネントが追加されています。これによって、Azureストレージアカウントを使って他のAzure ADLS Gen2コンポーネント用にADLS Gen2ファイルシステムへの接続を作成できます。また、tAzureAdlsGen2InputコンポーネントとtAzureAdlsGen2Outputコンポーネントに、[Use an existing connection] (既存の接続を使用)[Timeout] (タイムアウト)という2つの新しいオプションが追加されました。[Use an existing connection] (既存の接続を使用)オプションではtAzureAdlsGen2Connectionコンポーネントによって作成された接続を使用でき、[Timeout] (タイムアウト)オプションでは接続作成のタイムアウト時間を指定できます。

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

ELT Mapコンポーネント: 新しいオプションを追加

[Dry run] (ドライラン)という新しいオプションが追加されました。このオプションが選択された場合、コンポーネントはクエリーを生成し、接続しているELT出力コンポーネントにそのクエリーを渡すだけで、データベースでのアクション(データベースへの接続やクエリーの実行など)は一切実行されません。接続先のコンポーネントは、受け取ったクエリーをQUERY変数に追加します。

この機能はtELTMaptELTMSSqlMaptELTOracleMapに適用されます。

Talend Open Studio for Data Integration

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

ELT出力コンポーネント: 新しい変数を追加

QUERYという新しいAFTER変数が追加されました。この変数は現在のコンポーネントの接続先であるELT Mapコンポーネントから入力されます。これによって、生成されたクエリーを他のコンポーネントで使用できるようになります。

この機能はtELTOutputtELTMSSqlOutputtELTOracleOutputに適用されます。

Talend Open Studio for Data Integration

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

Data Mapper: 新機能

機能

説明

製品

JSONLのサポート JSONリーダーはJSONL形式を自動認識します。また、JSON表記の新しいオプションによってJSONLを記述できるようになりました。

Talend Data Management Platform

JSONリーダーにおけるoneOfキーワードのサポート JSONリーダーが改良され、ストラクチャーにoneOfキーワードが含まれる場合に正しい代替項目を選択する式を作成できるようになりました。

Talend Data Management Platform