ESB: 7.x.xから8.0.1への移行 - 8.0

Talend ESB製品リリースノート

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
ESB
Product
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend Open Studio for ESB
Content
インストールとアップグレード
リリースノート

Studio

項目

説明

製品

ESB Studioのアップグレード ESB Studioを新たにインストールする必要があります。7.1、7.2、7.3のいずれかのプロジェクトをローカルワークスペースからエクスポートして、ESB Studio 8.0.1を使ってプロジェクトをインポートする必要があります。

Talend Open Studio for ESB

Talend ESB

Talend Data Services Platform

リモートプロジェクトのアップグレード 共有(リモート)プロジェクトを使用する場合は、最初にTalend Administration Centerをアップグレードし、次にリモートプロジェクトに接続する必要があります。これ以外の処理は必要ありません。

Talend ESB

Talend Data Services Platform

Studioプロジェクトのアップグレード Studioプロジェクトは手動による移行を行わずに使用できます。データサービス、ジョブ、ルートがESB Studio内に開くと、変更の必要なコンポーネントは自動的にアップグレードされます。

Talend Open Studio for ESB

Talend ESB

Talend Data Services Platform

ランタイム

項目

説明

製品

ESB Runtimeのアップグレード ESB Runtime (OSGiコンテナー)を新たにインストールする必要があります。

Talend Open Studio for ESB

Talend ESB

Talend Data Services Platform

Talend Administration Center

アイテム

説明

製品

Talend Administration Centerのアップグレード Talend Administration Centerを新たにインストールする必要があります。『Talend移行ガイド』で移行に関する章を参照してください。

Talend Administration Center 8.0でのESBに関するページは、ESBコンダクターを除いて、コンテナーの旧バージョンに対して下位互換性がありません。ただし、7.xコンテナーにタスクをデプロイおよびアンデプロイすることはまだサポートされています。

Talend ESB

Talend Data Services Platform