R2022-03の新機能 - 8.0

Talend ESB製品リリースノート

Version
8.0
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
ESB
Product
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend Open Studio for ESB
Content
インストールとアップグレード
リリースノート

Data Integration: 新しい機能

機能

説明

製品

Snowflake JDBCドライバーのアップグレード Snowflake JDBCドライバーがバージョン3.13.14にアップグレードされました。

Talend Data Services Platform

Data Mapper: 新しい機能

機能

説明

製品

JSONスキーマインポーター 新しいオプションによって、JSONスキーマに基づいて構造を作成できます。この新しいオプションを選択すると、FHIRを含め、どのJSONスキーマでも作業できます。

Talend Data Services Platform

JSONの新しい表記オプション JSON出力でNULL値や空の文字列、配列、オブジェクトを省略できるようになりました。

Talend Data Services Platform

Data Quality: 新しい機能

機能

説明

製品

新しい検証コンポーネント tDataQualityRulesによってTalend StudioTalend Cloud Data Stewardshipに接続するため、Talend Studioでデータクオリティルールを使用できるようになります。

Talend Data Services Platform

Parquetファイルのプロファイリングをサポート Hive接続にあるParquetファイルから分析を作成できるようになりました。

現在のところ、サポートされているのはフラットカラムナファイルのみです。

Talend Data Services Platform

データマスキングコンポーネントでの設定を微調整 tDataMaskingtPatternMaskingで、入力カラムを使って微調整できるようになりました。[Use a column containing the tweaks] (微調整が含まれているカラムを使用)という新しいオプションを選択してください。

Talend Data Services Platform

[Profiling] (プロファイリング)パースペクティブからのコンテキスト変数のプロンプト 解析やレポートを実行するたびにパスワードの入力を求めるプロンプトを設定できるようになりました。これによって、パスワードがコンテキスト設定に保存されるのを防げます。
制約事項: 接続のテストは現在サポートされていません。

Talend Data Services Platform