Talend Cloud Data CatalogアプリケーションとTalend Data Catalogアプリケーション - Cloud - 8.0

Talendリリースノート

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud API Services Platform
Talend Cloud Big Data
Talend Cloud Big Data Platform
Talend Cloud Data Integration
Talend Cloud Data Management Platform
Talend Cloud Real-Time Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Cloud API Designer
Talend Cloud API Tester
Talend Cloud Data Inventory
Talend Cloud Data Preparation
Talend Cloud Data Stewardship
Talend Cloud Pipeline Designer
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
リリースノート
Last publication date
2024-04-11

新機能と改良点

機能 説明

対象製品

データフロー来歴図: モデル間の依存項目を表示

メタデータ管理で、コンテンツやモデル依存項目の来歴のサポートが追加されました。

対象製品:

Cloud Data Catalog Advanced Edition

Cloud Data Catalog Advanced Plus Edition

Cloud Data Catalog Standard Edition

Data Catalog Advanced Edition

Data Catalog Advanced Plus Edition

Data Catalog Standard Edition

Talend Data Catalogの全ライセンス

新しいメタモデルの管理 新しいメタモデル管理機能によって、データ管理(参照データ、データ品質、データセキュリティ、データ問題管理、ビジネスルールとポリシー、ビジネスプロセスのモデリングと改善、規制遵守など)のためのカスタムモデルを定義し、インポートモデルを拡張できます。
メタモデリング機能は[Manage Metamodel] (メタモデルを管理)ページで利用できます。

対象製品:

Cloud Data Catalog Advanced Edition

Cloud Data Catalog Advanced Plus Edition

Cloud Data Catalog Standard Edition

Data Catalog Advanced Edition

Data Catalog Advanced Plus Edition

Data Catalog Standard Edition

Talend Data Catalogの全ライセンス

新しいカスタムビジネスモデル 新しいメタモデリング機能を使えば、カスタムモデル(参照データ、ビジネスポリシーとルール管理、データ問題管理に関連するモデルなど)を定義できます。

カスタムモデルは、[Manage Metamodel] (メタモデルを管理ページで定義されているカスタムモデルタイプのインスタンスです。Talend Cloud Data Catalogではそのようなカスタムモデルに対し、オブジェクトモデリング機能とUMLクラス図のグラフィカルな編集機能が提供されています。

Talend Cloud Data Catalogではまた、標準およびシステムビジネスモデルとモデル拡張機能も提供されています。[Standard] (標準)パッケージに新しいKPIとAcronymオブジェクトを含む用語集モデルが追加されました。

いちど定義すれば、インポートモデルで利用できる機能(データ入力、分析、ワークシートやダッシュボードを使ったレポートなど)をカスタムモデルでも利用できるようになります。
  • オブジェクト詳細ページに新しく追加された[Hierarchies] (階層)タブを使うと、モデルを階層的に探索し、データ入力やレポート作成が容易になりす。