Talend Remote Engine v2.12.0 - Cloud - 8.0

Talendリリースノート

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud API Services Platform
Talend Cloud Big Data
Talend Cloud Big Data Platform
Talend Cloud Data Integration
Talend Cloud Data Management Platform
Talend Cloud Real-Time Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Cloud API Designer
Talend Cloud API Tester
Talend Cloud Data Inventory
Talend Cloud Data Preparation
Talend Cloud Data Stewardship
Talend Cloud Pipeline Designer
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
リリースノート
Last publication date
2024-04-16

Talend Remote Engine v2.12.0が一般利用できるようになりました。

新機能

機能 説明

同一タスクの並列実行

Talend Remote Engineはこれまで、さまざまなタスクの並列実行が可能でした。v2.12.0以降では、同一タスクの同時実行もサポートするようになりました。

関連設定の詳細は、1台のRemote Engineでタスクを並列実行をご覧ください。

Jobserverのバージョン Talend Remote Engineによって使われるTalend JobServerのバージョンがv8.0.1にアップグレードされました。
このアップデートに伴い、実行ユーザーを使ってタスクを実行する場合に次のパラメーターを明示的に設定する必要があります。
org.talend.remote.jobserver.server.TalendJobServer.RUN_AS_ALLOWLIST

実行ユーザーはLinux用のみです。実行ユーザーの詳細は、別のユーザーとしてタスクの実行が許可されるユーザーのリストを定義をご覧ください。

ロギング ジョブ実行時のstdoutログとstderrのログをLog4jログに追加してTalend Management Consoleに情報を表示させることができます。

Remote Engine 2.12.0以降のバージョンを使用している場合、この設定で使用されるjob.log.system.streamsパラメーターは<RemoteEngineInstallationDirectory>/etc/org.talend.ipaas.rt.job.commandline.handler.cfgファイルに移動しました。

詳細は、Talend Management Consoleに標準システムログを表示をご覧ください。

セキュリティの強化

問題 説明
TPOPS-335 Pax URL Aetherが最新バージョンにアップデートされ、次の脆弱性が回避されるようになりました。
TPOPS-3406 CVE-2021-29425脆弱性を回避できるよう、Pax Loggingがアップデートされました。
TPOPS-3510 jackson-databindの新しいバージョンが適用され、サービス拒否(DoS)の脆弱性が修正されました。
TPOPS-3562 Karafがv4.2.15にアップグレードされました。
TPOPS-3563 CXFがv3.5.1にアップデートされました。
TPOPS-3654 Camel v3.14.2が適用されました。
TPOPS-3668 Talend Remote EngineのSpring依存項目がアップグレードされ、Spring BeansのCVE-2022-22965脆弱性が修正されました。
TPOPS-3715 XStreamがv1.4.17 にアップグレードされ、次のXStreamの脆弱性が修正されました。
  • CVE-2021-39139
  • CVE-2021-39140
  • CVE-2021-39141
  • CVE-2021-39144
  • CVE-2021-39146
  • CVE-2021-39147
  • CVE-2021-39148
  • CVE-2021-39149
  • CVE-2021-39150
  • CVE-2021-39151
  • CVE-2021-39152
  • CVE-2021-39153
  • CVE-2021-39154
  • CVE-2021-43859

注目される修正

問題 説明
TPOPS-3354 インデックス1: ${log.transfer.upload.url}のパスで無効な文字が見つかると、Remote Engineはクラスをロードできない
TPOPS-3664 Remote Engine v2.11.8で特定のジョブが失敗する

Talend Remote Engineの開始にあたっては、Talend Remote Engineユーザーガイドをご覧ください。