R2022-06の新機能 - Cloud - 8.0

Talendリリースノート

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud API Services Platform
Talend Cloud Big Data
Talend Cloud Big Data Platform
Talend Cloud Data Integration
Talend Cloud Data Management Platform
Talend Cloud Real-Time Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Cloud API Designer
Talend Cloud API Tester
Talend Cloud Data Inventory
Talend Cloud Data Preparation
Talend Cloud Data Stewardship
Talend Cloud Pipeline Designer
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
リリースノート
Last publication date
2024-02-14

Big Data: 新機能

機能

説明

対象製品

ローカルモードでのSpark Universal 3.2.xのサポート [Local] (ローカル)モードのSpark 3.2.xで、Spark Universalを使ってSpark BatchジョブとSpark Streamingジョブを実行できるようになりました。Sparkジョブの[Spark configuration] (Spark設定)ビューまたは[Hadoop Cluster Connection] (Hadoopクラスター接続)メタデータウィザードのどちらかで設定できます。

Talend Data Mapper Big Dataコンポーネント(tHConvertFile、tHMapFile、tHMapInput、tHMapRecord)がSpark 3.2.xと互換性を持つようになりました。

このモードを選択すると、Talend Studio内でジョブをローカルに実行できるよう、Talend Studioが実行時にSpark環境自体をビルドするようになります。

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、Big Dataを伴うTalendの全製品

Spark Universal 3.2.xでオープンソースApache Sparkスタンドアロンクラスターをサポート Spark Universal 3.2.xを使い、[Standalone] (スタンドアロン)モードでSpark BatchジョブとSpark Streamingジョブを実行できるようになりました。Sparkジョブの[Spark configuration] (Spark設定)ビューや[Hadoop Cluster Connection] (Hadoopクラスター接続)メタデータウィザードで設定できます。

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、Big Dataを伴うTalendの全製品

GCPでのSpark Universal 3.2.xの使用でDatabricksランタイム10.x以降をサポート Google Cloud Platform (GCP)で、Spark 3.2.xと共にSpark Universalを使い、Databricksのジョブクラスターと汎用クラスターでSpark BacthジョブやStreamingジョブを実行できるようになりました。Sparkジョブの[Spark configuration] (Spark設定)ビューまたは[Hadoop Cluster Connection] (Hadoopクラスター接続)メタデータウィザードのどちらかで設定できます。

このモードを選択すると、Talend StudioはDatabricks 10.xのバージョンと互換性を持つようになります。

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、Big Dataを伴うTalendの全製品

AWSとAzureでのSpark Universal 3.2.xの使用でCloudera CDE 1.15をサポート AWSとAzureの両方で、Spark UniversalとSpark 3.2.xを使い、Cloudera Data EngineeringエクスペリエンスでSpark BatchジョブとSpark Streamingジョブを実行できるようになりました。これはSparkジョブの[Spark Configuration] (Spark設定)ビューで設定できます。

このモードを選択すると、Talend StudioはCDE 1.15バージョンと互換性を持つようになります。

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、Big Dataを伴うTalendの全製品

SparkジョブのRedshiftコンポーネントでRedshiftドライバーv2.xをサポート Sparkジョブの次のコンポーネントでRedshiftドライバーv2.xを使用できるようになりました。
  • tRedshiftConfiguration
  • tRedshiftInput
  • tRedshiftOutput

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、Big Dataを伴うTalendの全製品

DatabricksとS3でのクラスターログ設定時にCanned ACLをサポート S3のDatabricksディストリビューションで実行されたSparkジョブのクラスターログを格納するバケットやフォルダーでの権限を、Canned ACLで設定できるようになりました。これはSparkジョブの[Spark Configuration] (Spark設定)ビューで設定できます。

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、Big Dataを伴うTalendの全製品

Data Integration: 新機能

機能

説明

対象製品

ジョブアーティファクト署名でカスタムJava KeyStoreをサポート Talend Studioで、ジョブアーティファクト署名でのカスタムJava KeyStoreの設定、およびTalend Cloudへの公開前にカスタムJava KeyStoreによるジョブアーティファクトの署名がサポートされました。

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Talend Cloudの全製品とTalend Data Fabric

Git手動コミットモードをデフォルトで有効化 Talend StudioではGit手動コミットモードがデフォルトで有効化されるようになりました。

ブランチを作成する際、新しいブランチはソースブランチのGitコミットモードを継承します。

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Talend Cloudの全製品とTalend Data Fabric

親ジョブやルートと共に子ジョブ、ジョブレット、ルートレットのHTMLを生成 ジョブまたはルートのドキュメンテーションを生成する時は、その子ジョブ、ジョブレット、ルートレットのドキュメンテーションも生成されます。ジョブやルートのドキュメンテーションにある対応リンクから、子ジョブ、ジョブレット、ルートレットのドキュメンテーションに移動できます。

ジョブやルートのドキュメンテーション生成の詳細は、HTMLドキュメンテーションを生成をご覧ください。

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、Talend Studioを伴うTalendの全製品

オンラインヘルプを開く新しいアイコンを[Component] (コンポーネント)ビューに追加 [Component] (コンポーネント)ビューに新しいアイコンが追加され、Talend Help Centerで現在のコンポーネントのオンラインドキュメンテーションを開くことができるようなりました。

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、Talend Studioを伴うTalendの全製品

Sybase 17をサポート 本リリースよりSybase 17がサポートされています。

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、Talend Studioを伴うTalendの全製品

Microsoft CRMコンポーネントでADALライブラリーをMSALライブラリーに置き換え 本リリースより、Microsoft CRMコンポーネントでADALライブラリーに代わってMSALライブラリーが使用されるようになりました。

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、Talend Studioを伴うTalendの全製品

Azure Data Lake Storage Gen2でファイルを処理する新しいコンポーネント 本リリースより、新しい3つのAzure Data Lake Storage Gen2コンポーネント(tAzureAdlsGen2Delete、tAzureAdlsGen2Get、tAzureAdlsGen2Put)が追加されました。

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、Talend Studioを伴うTalendの全製品

CouchbaseコンポーネントでTLSとActive Directory認証をサポート CouchbaseコンポーネントでTLSとActive Directory認証がサポートされました。

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、Talend Studioを伴うTalendの全製品

Talend Studio UIの強化 Talend Studioのユーザーインターフェイスで次の改善が行われました。
  • マンスリーアップデートをテストして適用する場合は、[Migrate projects or test] (プロジェクトを移行またはテスト)ダイアログボックスで[Test] (テスト)オプションがデフォルトで選択されます。
  • Talend Management Consoleで管理されているプロジェクトにログインしているもの、Talend Management Consoleでアップデート設定が行われていない場合は、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスの[Talend] > [Update settings] (アップデート設定)ビューで[Use local update settings] (ローカルのアップデート設定を使用)が非表示になります。
  • [Show View] (ビューを表示)ダイアログボックスで、Eclipseの[Debug] (デバッグ) > [Modules] (モジュール)項目が非表示になりました。

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、Talend Studioを伴うTalendの全製品

Data Quality: 新機能

機能

説明

対象製品

Apache Spark 3.1とのDatabricksの使用 tDataEncryptとtDataDecryptを除き、Apache Spark 3.1とDatabricksの環境でDQのコンポーネントを実行できるようになりました。

対象製品:

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

TalendプラットフォームとData Fabricの全製品

Application Integration: 新機能

機能

説明

対象製品

tRESTClientのダイナミック設定でコンテキストパラメーターをサポート

tRESTClientのダイナミック設定でコンテキストパラメーターの使用がサポートされました。

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、ESBを伴うTalendの全製品

tRESTRequestでのAPI定義のインポート時にPOST/PUT操作の"body"パラメーターを自動生成

tRESTRequestでAPI定義をインポートする時に、POST/PUT操作の"body"パラメーターが自動生成されるようになりました。

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Data Fabric

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、ESBを伴うTalendの全製品

継続的インテグレーション: 新機能

機能

説明

対象製品

Talend CI Builderがバージョン8.0.5にアップグレード Talend CI Builderがバージョン8.0.4からバージョン8.0.5にアップグレードされました。

このマンスリーバージョン以降からTalend CI Builderの新バージョンがリリースされるまでは、CIコマンドやパイプラインスクリプトにTalend CI Builder 8.0.5を使います。

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、Talend Studioを伴うTalendの全製品

ジョブアーティファクト署名でカスタムJava KeyStoreを設定できる新しいCIパラメーター -Dsigner.path-Dsigner.keystore.password-Dsigner.key.password-Dsigner.key.aliasというパラメーターが利用可能になりました。これにより、Mavenパッケージコマンドを使ってジョブアーティファクトのパッケージをビルドする際にジョブアーティファクト署名でカスタムJava KeyStoreを設定できるため、ジョブアーティファクトの署名が誤って改変されたり悪意で改変されたりすることがなくなります。

詳細は、CIビルダー関連のMavenパラメーターをご覧ください。

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、Talend Studioを伴うTalendの全製品

generateAllPomsの向上によって参照プロジェクトが重複するメインプロジェクトのMavenパッケージプロセスを簡素化

mvn org.talend.ci:builder-maven-plugin:8.0.X:generateAllPomsコマンドを使ってプロジェクトのPOMファイルを生成するプロセスが向上しました。メインプロジェクトで参照プロジェクトが重複している場合:
  • 重複する参照プロジェクトのモジュールはメインプロジェクトのPOMファイルから除外され、重複する参照プロジェクトのアーティファクトはデフォルトで依存項目としてMaven .m2フォルダーにインストールされます。
  • メインプロジェクトのPOMファイルを生成する時に-Dtalend.profile.modeパラメーターを追加する必要はありません。-Dtalend.profile.modeパラメーターの詳細は、CIビルダー関連のMavenパラメーターをご覧ください。

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Integration

Data Management Platform

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

サブスクリプションベースであり、Talend Studioを伴うTalendの全製品