Talend Remote Engine R2022-12で注目される修正と既知の問題 - Cloud - 8.0

Talendリリースノート

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud API Services Platform
Talend Cloud Big Data
Talend Cloud Big Data Platform
Talend Cloud Data Integration
Talend Cloud Data Management Platform
Talend Cloud Real-Time Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Cloud API Designer
Talend Cloud API Tester
Talend Cloud Data Inventory
Talend Cloud Data Preparation
Talend Cloud Data Stewardship
Talend Cloud Pipeline Designer
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
リリースノート
Last publication date
2024-03-01

セキュリティの強化

問題 説明
TPOPS-4523 AWS Java SDK for Amazon S3 のバージョンがアップデートされ、重大度が中である次の脆弱性が修復されました:
  • CVE-2022-31159: パストラバーサル
TPOPS-5069 Jackson Databindのバージョンがアップデートされ、重大な次の脆弱性が解消されました:
  • CVE-2022-42003: サービス拒否(DoS)
TPOPS-5158 有効な署名がないジョブを実行するための90日間の猶予期間がキャンセルされました。

TPRUN-3519

DoS攻撃を防ぐため、ジョブへの制約が追加されました。

注目される修正

問題 説明
TPOPS-2931 Cannot delete log fileとい例外が修正されました。
TPOPS-5051 この修正により、ジョブログが他のジョブからのエントリーによって汚染されるのを防ぐことができます。
TPRUN-4699 この問題は解決され、ルートタスクのログでは重複行や混合ログが発生しないようになりました。