Talend Cloud Pipeline Designer R2023-02の新機能 - Cloud - 8.0

Talendリリースノート

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud API Services Platform
Talend Cloud Big Data
Talend Cloud Big Data Platform
Talend Cloud Data Integration
Talend Cloud Data Management Platform
Talend Cloud Real-Time Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Cloud API Designer
Talend Cloud API Tester
Talend Cloud Data Inventory
Talend Cloud Data Preparation
Talend Cloud Data Stewardship
Talend Cloud Pipeline Designer
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
リリースノート
Last publication date
2024-02-14

機能 説明
プロセッサー

2023年2月より、Joinプロセッサーが改良され、パイプラインキャンバスにルックアップデータセットのブランチをグラフィカルに表示できるようになりました。各ルックアップブランチにプロセッサーを追加することで、複数のソースに対して変換を実行できるようになりました。

プロセッサーの改良によるこのようなメリットを活用する(推奨)ためには、このアップデートが含まれているRemote Engine Gen2 2023-02をTalend Cloudポータルの[Download] (ダウンロード)ページからダウンロードし、メインソースデータセットの接続に関連付けられているエンジンをアップデートします。

詳細は、Joinのドキュメンテーションをお読みください。