Data Mapper - Cloud - 8.0

Talendリリースノート

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud API Services Platform
Talend Cloud Big Data
Talend Cloud Big Data Platform
Talend Cloud Data Integration
Talend Cloud Data Management Platform
Talend Cloud Real-Time Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Cloud API Designer
Talend Cloud API Tester
Talend Cloud Data Inventory
Talend Cloud Data Preparation
Talend Cloud Data Stewardship
Talend Cloud Pipeline Designer
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
リリースノート
Last publication date
2024-02-14

機能

説明

対象製品

DSQLマップエディター

新しいDSQLマップエディターでは、Data Shaping Query Languageに基づいてマップを作成できます。

標準マップと同様、DSQLマップを作成し、標準マップでサポートされているすべての表現を使って、1つ(または複数の)入力ファイルを、1つ(または複数の)出力ファイルにマッピングできます。

マッピングはドラッグ&ドロップ機能を使って作成できますが、式エディターでDSQL式を直接記述することもできます。

DSQLマップは、ESB RuntimeとRemote Engineで実行されるデータ統合ジョブ、ビッグデータジョブ、ルートで使用できます。

DSQLマップの詳細は、マップを使って作業をご覧ください。

DSQLの詳細は、Data Shaping Query Languageを使用をご覧ください。

対象製品:

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

TalendプラットフォームとData Fabricの全製品

GetContextVariableファンクション 新しいGetContextVariableファンクションにより、標準マップ内のTalend Studioジョブからコンテキスト変数を参照できるようになりました。

対象製品:

Big Data Platform

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Management Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

TalendプラットフォームとData Fabricの全製品