Talend Remote Engine R2023-11で注目される修正と既知の問題 - Cloud - 8.0

Talendリリースノート

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud API Services Platform
Talend Cloud Big Data
Talend Cloud Big Data Platform
Talend Cloud Data Integration
Talend Cloud Data Management Platform
Talend Cloud Real-Time Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Cloud API Designer
Talend Cloud API Tester
Talend Cloud Data Inventory
Talend Cloud Data Preparation
Talend Cloud Data Stewardship
Talend Cloud Pipeline Designer
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
リリースノート
Last publication date
2024-04-11

セキュリティの強化

問題 説明
TPOPS-6930 Apache Avroがv1.11.3にアップグレードされ、重大な次の脆弱性が修正されました:
  • CVE-2023-39410 - サービス拒否(DoS)
TPOPS-6990 Talend Remote EngineでのApache XML Security for Javaの使用が廃止され、以下の脆弱性が緩和されました:
  • CVE-2023-44483 - ログファイルへの機密情報の挿入
TPOPS-7004 ActiveMQのバージョンがv5.18.3にアップグレードされ、次の問題が修正されました:
  • CVE-2023-46604 - リモートでのコード実行

注目される修正

問題 説明
TPOPS-6160 Talend Remote Engine v2.12.9 (R2023-02)以降、意図しない待ち時間が原因で、ジョブの実行が5秒ほどわずかに遅くなっていました。

対象製品:

Cloud API Services Platform

Cloud Data Fabric

TPRUN-7022
${karaf.data}/dsrunner/exec/osgiディレクトリーでデプロイメントが解除されたり失敗したりすると、OSGiアーティファクトを正常に削除できなくなっていました。