コンポーネントを設定 - Cloud - 8.0

ルート

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルートコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルートコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルートコンポーネント

手順

  1. cTimerコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. メッセージ交換のトリガーを1回にするには、[Repeat] (繰り返し)フィールドに1を入力します。
  3. cSetBodyコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Language] (言語)リストから[Simple] (シンプル)を選択し、[Expression] (式)フィールドにHello!と入力します。
  5. cTalendJobコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. リポジトリーからジョブRouteCommunication_tRouteFaultを選択して、前のセクションで作成したジョブを呼び出します。
  7. cOnExceptionコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  8. 例外を処理するには、[+]をクリックして[Exceptions] (例外)テーブルに1行を追加し、[Exception] (例外)フィールドにorg.apache.camel.CamelExceptionと入力します。
  9. cProcessorコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  10. [Code] (コード)エリアでコードをカスタマイズし、メッセージ本文を表示します。
    System.out.println(exchange.getIn());
  11. Ctrl + Sを押してルートを保存します。