コンポーネントと接続を設定する - Cloud - 8.0

Routing Slip (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > ルーティングスリップコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > ルーティングスリップコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルーティングコンポーネント(メディエーション) > ルーティングスリップコンポーネント(メディエーション)

このタスクについて

このシナリオでは、定義済みのJava Beanを呼び出すようにcSetHeaderコンポーネントを設定するだけでよく 、他のすべてのコンポーネントの設定は前のシナリオと同じです。

手順

  1. cSetHeaderコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Language] (言語)リストボックスからBeanを選択し、[Value] (値)フィールドで、エンドポイントのURIを返すJava Beanを指定します。このユースケースでは、次のように入力します。
    beans.setEndpoints
  3. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。