tSalesforceOutputの標準プロパティ - Cloud - 8.0

Salesforce

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
Last publication date
2024-02-28

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtSalesforceOutputを設定するために使われます。

標準tSalesforceOutputコンポーネントは、ビジネスファミリーとCloudファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Property Type] (プロパティタイプ)

接続の詳細を設定する方法を選択します。

  • [Built-In] (組み込み): このコンポーネントの接続の詳細がローカルに設定されます。関連するすべての接続のプロパティ値を手動で指定する必要があります。

  • [Repository] (リポジトリー): [Repository] (リポジトリー) > [Metadata] (メタデータ)で一元的に保存された接続の詳細が、このコンポーネントによって再使用されます。

    このチェックボックスの横にある [...] ボタンをクリックし、表示された [Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ダイアログボックスで、再使用する接続の詳細を選択すると、関連するすべての接続のプロパティに値が自動的に入力されます。

[Connection Component] (接続コンポーネント)ドロップダウンリストから、他の接続コンポーネントを選択した場合、これらのプロパティは、利用できません。

[Connection Component] (接続コンポーネント)

このコンポーネントで再利用するデータベース接続を開くコンポーネントを選択します。

[Connection type] (接続タイプ)

ドロップダウンリストから、接続のタイプを選択します。接続のプロパティは、選択した接続タイプによって異なります。

  • [Basic] (基本): Salesforceのユーザー名とパスワードを入力してSalesforceにアクセスするには、このオプションを選択します。

  • OAuth: OAuth (Open Authorization) 2.0プロトコルを使ってSalesforceにアクセスし、OAuth 2.0認証フロータイプとして[Json Web Token Flow] (Json Webトークンフロー)を使ってユーザーを認証するには、このオプションを選択します。このオプションを使用するためには、Salesforceで接続アプリケーションを作成し、Salesforce認証プロバイダーを設定する必要があります。

    OAuth認証フローの詳細は、Authenticate Apps with OAuthをご覧ください。

    Salesforceで接続アプリケーションを作成する方法は、接続アプリケーションを作成をご覧ください。

[User Id] (ユーザーID)

Salesforceのユーザー名。

これらのプロパティは、[Basic] (基本)接続タイプが選択されている場合のみ利用できます。

[Password] (パスワード)

ユーザー名に関連付けられたSalesforceのパスワード。

これらのプロパティは、[Basic] (基本)接続タイプが選択されている場合のみ利用できます。

セキュリティトークン

Salesforceのセキュリティトークン。詳細は、セキュリティトークンのリセットをご覧ください。

これらのプロパティは、[Basic] (基本)接続タイプが選択されている場合のみ利用できます。

発行者

接続アプリケーションが作成され、Salesforceの接続アプリケーションの詳細ページに表示される時に生成されるOAuthコンシューマーキー。詳細は、接続アプリケーションを作成をご覧ください。

これらのプロパティは、OAuth接続タイプが選択されている場合のみ利用できます。

[Subject] (件名)

Salesforceのユーザー名。

これらのプロパティは、OAuth接続タイプが選択されている場合のみ利用できます。

対象ユーザー

Json Webトークンのオーディエンス。

独自のJson Webトークンオーディエンスを設定できます。

これらのプロパティは、OAuth接続タイプが選択されている場合のみ利用できます。

有効期限(秒)

5分以内のアサーションの有効期限(秒)。

これらのプロパティは、OAuth接続タイプが選択されている場合のみ利用できます。

[KeyStore]

Java Keystore (JKS)形式のKeystoreファイルへのパス。

Keystoreファイルは、Salesforceによって署名された証明書を作成し、それをKeystoreにエクスポートすることで生成できます。詳細は、自己署名証明書の生成をご覧ください。

これらのプロパティは、OAuth接続タイプが選択されている場合のみ利用できます。

[KeyStore password] (KeyStoreパスワード)

Keystoreのパスワード。

これらのプロパティは、OAuth接続タイプが選択されている場合のみ利用できます。

証明書の別名

Salesforceによって署名された証明書の一意の名前。

これらのプロパティは、OAuth接続タイプが選択されている場合のみ利用できます。

[Mutual authentication] (相互認証)

このオプションを選択すると、Salesforceへの接続を確立するための相互認証を有効にできます。Salesforceでの相互認証の詳細は、Set Up a Mutual Authentication Certificateをご覧ください。

このオプションを使用する場合:

  • コンポーネント側でtSetKeystoreコンポーネントを使い、相互認証キーストアとキーストアパスワードを提供します。

  • メタデータ側で[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (基本設定) > Talend > [Security] (セキュリティ) > SSLと進み、対応するキーストア構成を設定します。

デフォルトでは、このオプションは選択されていません。

[Mutual auth keystore] (相互認証キーストア) (非推奨)

相互認証Keystoreファイル(キーと証明書を含むパスワードで保護されたファイル)へのパスを入力します。

このオプションは非推奨です。tSetKeystoreコンポーネントを使って相互認証キーストアとキーストアパスワードを提供することをお勧めします。

このオプションは、接続タイプが[Basic] (基本)で、[Mutual authentication] (相互認証)チェックボックスがオンになっている時に利用できます。

[Mutual auth keystore password] (相互認証Keystoreパスワード)

相互認証Keystoreファイルのパスワードを入力します。

このオプションは、接続タイプが[Basic] (基本)で、[Mutual authentication] (相互認証)チェックボックスがオンになっている時に利用できます。

[Module Name] (モジュール名)

フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、表示されたダイアログボックスで、使われるモジュールを選択します。または、[Use custom object] (カスタムオブジェクトの使用)チェックボックスをオンにして、[Object Name] (オブジェクト名)フィールドにモジュール名を指定します。

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを利用できます。

  • [View schema] (スキーマを表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続をアップデート): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。

    変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

ジョブで接続している先行コンポーネントからスキーマを取得するためには、[Sync columns] (カラムを同期)をクリックします。

このコンポーネントは、ダイナミックスキーマ機能の利点を備えているので、ソースファイルから不明なカラムを取得したり、各カラムを個別にマッピングしなくてもソースからカラムを一括してコピーしたりできます。ダイナミックスキーマの詳細は、ダイナミックスキーマをご覧ください。

ダイナミックスキーマ機能は、モジュールの不明なカラムを取得するしくみになっており、その他の目的には使用しないことをお勧めします。モジュールの作成には推奨しません。

[Output Action] (出力アクション)

ドロップダウンリストから、実行する次のいずれかの操作を選択します。

  • [INSERT] (インサート): 1つ以上の新しいレコードをSalesforceに挿入します。

  • [UPDATE] (アップデート): Salesforceの1つ以上の既存のレコードをアップデートします。

  • [UPSERT] (アップサート): 新しいレコードを作成するか、既存のレコードをアップデートします。表示された[Upsert Key Column] (アップサートキーカラム)フィールドにアップサート操作のキーカラムを指定します。[Output upsert column] (アップサートカラムの出力)を選択すると、UpsertColumnValueという名前のカラムが出力スキーマに追加されます。このカラムにはアップサートキーの値が保持されるため、アップサートキーの監視に使えます。アップサートキーが変数の場合は、[Output upsert column] (アップサートカラムの出力)を選択できます。

  • [DELETE] (削除): Salesforceで1つ以上のレコードを削除します。

詳細設定

[Salesforce URL] (SalesforceのURL)

Salesforceへの接続に必要なWebService URL。

警告: Salesforceの最近のバージョンで行われた大幅な変更のため、相互認証で[Basic] (基本)接続タイプを使用する場合は、ジョブの実行中にエラーが発生しないようエンドポイントを調整する必要があります。例: https://MyDomainName.my.salesforce.com:8443/services/Soap/u/57.0

[API version] (APIバージョン)

Salesforce APIバージョン。

これらのプロパティは、OAuth接続タイプが選択されている場合のみ利用できます。

接続セッションを使用または保存

このチェックボックスをオンにして、[Session directory] (セッションディレクトリー)フィールドが表示されたら、保存または使用する接続セッションファイルへのパスを指定します。

このセッションファイルは、コンポーネントによって正しいユーザーIDが提供されている限り、異なる複数のジョブが共有して接続セッションを取得できます。このため、セッションを取得するためにサーバーに接続する必要はありません。

期限切れのセッションが検出された場合は、正しい接続情報(ユーザーID、パスワード、セキュリティキー)を入力すれば、コンポーネントはサーバーに接続して新しいセッション情報を取得し、接続セッションファイルをアップデートします。

これらのプロパティは、[Basic] (基本)接続タイプが選択されている場合のみ利用できます。

圧縮が必要

SOAPメッセージ圧縮を有効にする場合は、このチェックボックスをオンにします。これにより、パフォーマンスが向上する場合があります。

[Use Http Chunked] (HTTP Chunkedを使用)

HTTP Chunkedデータ転送メカニズムを使う場合は、このチェックボックスをオンにします。

[Client Id] (クライアントID)

Salesforce Webサイトへのアクセスに同じアカウントとパスワードを使うユーザーを区別するには、実際のユーザーのIDを入力します。

[Timeout] (タイムアウト)

Salesforceでクエリータイムアウトの予定数をミリ秒で入力します。

[Use Proxy] (プロキシを使用)

SOCKSプロキシサーバーを使う場合は、このチェックボックスをオンにして、表示された[Host] (ホスト)[Port] (ポート)[User Id] (ユーザーID)[Password] (パスワード)フィールドで、SOCKSプロキシサーバーの接続パラメーターを指定します。

注: 許可されているタイプのプロキシ(HTTPプロキシ、HTTPSプロキシ、SOCKSプロキシ、FTPプロキシを含む)を使用するには、tSetProxyコンポーネントを使用します。

リレーションシップマッピングのUPSERT

[+]ボタンをクリックして、必要に応じて行を追加し、入力フローの外部IDフィールド、アップサートモジュールのルックアップリレーションシップフィールド、ルックアップモジュール、ルックアップモジュールの外部IDフィールドを指定します。

  • [Column name of Talend Schema] (Talendスキーマのカラム名): 入力フローの外部IDフィールドの名前。これは、先行コンポーネントのスキーマのフィールドを参照しています。このカラムは、[External id name] (外部ID名)カラムで指定された外部IDフィールド([Module name] (モジュール名)カラムで指定されたルックアップモジュールのフィールド)と照合することを目的としています。

  • [Lookup field name] (ルックアップフィールド名): ルックアップフィールドの名前。これは、[Basic settings] (基本設定)ビューの[Module Name] (モジュール名)フィールドで指定されたモジュールのルックアップフィールドを参照します。このカラムは、NULL入力値があり、[Ignore Null] (Nullを無視)チェックボックスがオフになっている場合に指定する必要があります。

  • [Lookup relationship field name] (ルックアップリレーションシップフィールド名): ルックアップリレーションシップフィールドの名前。これは、[Basic settings] (基本設定)ビューの[Module Name] (モジュール名)フィールドで指定されたモジュールのルックアップリレーションシップフィールドを参照し、このテーブルの[Module name] (モジュール名)カラムで指定されたルックアップモジュールとのリレーションシップを確立することを目的としています。組み込みリレーションシップフィールドとカスタムリレーションシップフィールドを入力できます。ルックアップリレーションシップフィールドを定義する方法、および[Lookup relationship field name] (ルックアップリレーションシップフィールド名)フィールドに正しい名前を入力する方法は、Salesforce Webサイトにアクセスし、Salesforce Data Loaderアプリケーションを起動して適切なアクションと情報を入手してください。

  • [Module name] (モジュール名): ルックアップモジュールの名前。

  • [External id name] (外部ID名): [Module name] (モジュール名)カラムで指定されたルックアップモジュールの外部IDフィールドの名前。

これらのプロパティは、[Output Action] (出力アクション)ドロップダウンリストから、[UPSERT] (アップサート)が選択されている場合のみ利用できます。

[Extend Insert] (挿入を延長)

出力データをバッチで転送するには、このチェックボックスをオンにします。表示される[Commit Level] (コミットレベル)フィールドで、バッチごとの行数を指定します。

[Die on error] (エラー発生時に強制終了)

このチェックボックスをオンにすると、エラー発生時にジョブの実行が停止されます。

このチェックボックスをオンにすると、エラー時に行をスキップし、エラーの発生していない行の処理が完了されます。デフォルトでは選択されていません。

IDの取得

このチェックボックスをオンにすると、挿入またはアップデートされたレコードのSalesforce IDがSalesforceから返されます。

このチェックボックスは、Output ActionドロップダウンリストでINSERTまたはUPSERTが選択されていて、[Extend Insert] (挿入を延長)チェックボックスがオフの場合にのみ使えます。

このチェックボックスがオンで、tSalesforceOutputコンポーネントが[Row] (行) > [Main] (メイン)接続を介して別のコンポーネントにリンクされている場合、次のカラムがデータフローのスキーマに追加されます。

  • salesforce_id: 作成またはアップデートしたレコードのSalesforce ID。

  • salesforce_upsert_status (UPSERTのみ): レコードが作成されたかアップデートされたかを示すアップサートアクションのステータス。

NULLを無視

NULL値を無視するには、このチェックボックスをオンにします。

これらのプロパティは、[Output Action] (出力アクション)ドロップダウンリストから、[UPDATE] (アップデート)または[UPSERT] (アップサート)が選択されている場合のみ利用できます。

ログファイル名

すべてのエラーログを保持するログファイルへのパスを指定します。

[Use UTC time for datetime] (datetimeにUTC時間を使用)

datetime型のデータにUTC時間を使用する場合は、このオプションを選択します。このオプションが選択されていない場合はローカルタイムが使用されます。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

NB_LINE

処理された行数。これはAfter変数で、整数を返します。

NB_SUCCESS

正しく処理された行数。これはAfter変数で、整数を返します。

NB_REJECT

リジェクトされた行数。これはAfter変数で、整数を返します。

ERROR_MESSAGE

エラー発生時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは、終了コンポーネントまたはジョブまたはサブジョブの中間コンポーネントとして使え、常に入力リンクが必要です。