tSAPHanaRollbackの標準プロパティ - Cloud - 8.0

SAP

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtSAPHanaRollbackを設定するために使われます。

標準tSAPHanaRollbackコンポーネントは、データベースファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のTalend 製品すべて、およびTalend Data Fabricで利用できます。

注: このコンポーネントは、動的データベースコネクターの特定のバージョンです。データベース設定に関連するプロパティは、データベースタイプの選択に応じて異なります。動的データベースコネクターについては、動的データベースコンポーネントをご覧ください。

基本設定

[Database] (データベース)

データベースのタイプをリストから選択し、[Apply] (適用)をクリックします。

[Component list] (コンポーネントリスト)

現在のジョブで複数の接続を使うことが計画されている場合は、リストからtSAPHanaConnectionコンポーネントを選択します。

[Close Connection] (接続を終了)

コンポーネントがタスクを実行した後、選択した接続を引き続き使うには、このチェックボックスをオフにします。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントは一般的に、他のtSAPHana*コンポーネント、特にtSAPHanaConnectionおよびtSAPHanaRollbackと共に使います。

サポート

S4/HANAを含め、SAPのERP部分と連携するためにtSAPHanaRollbackを使う必要があります。