tSAPTableInputの標準プロパティ - Cloud - 8.0

SAP

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

これらのプロパティは、標準ジョブのフレームワークで実行されているtSAPTableInputを設定するために使われます。

標準tSAPTableInputコンポーネントは、ビジネスファミリーに属しています。

このフレームワークのコンポーネントは、すべてのサブスクリプションベースのTalend製品で利用できます。

注: 「このコンポーネントにはsapjco.jarが必要です」と表示されたら、モジュールをダウンロードし、SAP Java Connectorの手順をご覧ください。

基本設定

[Property Type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれかです。

  • [Built-In] (組み込み): 一元的に保存されるプロパティデータはありません。

  • [Repository] (リポジトリー): プロパティが保存されているリポジトリーファイルを選択します。

[Use an existing connection] (既存の接続を使用)

このチェックボックスをオンにして、表示されたリストから、定義済みの接続詳細を再利用する、該当する接続コンポーネントを選択します。

ジョブに親ジョブと子ジョブが含まれている場合、リストには同じジョブレベルの接続コンポーネントだけが表示されます。

[Server Type] (サーバータイプ)

接続するSAPサーバーのタイプ([Application Server] (アプリケーションサーバー)または[Message Server] (メッセージサーバー))を選択します。

[Client] (クライアント)

SAPシステムのクライアントID。

[UserId] (ユーザーID)[Password] (パスワード)

ユーザーの接続IDとパスワード。

パスワードを入力するためには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符で囲んで入力して[OK]をクリックし、設定を保存します。

[Language] (言語)

SAPシステムの言語。

[Host name] (ホスト名)

SAPサーバーが実行されているホストの名前またはIPアドレス。

[System number] (システム番号)

SAPのシステム番号。

このプロパティは、[Server Type] (サーバータイプ)ドロップダウンリストで[Application Server] (アプリケーションサーバー)が選択されている場合のみ利用できます。

[System ID] (システムID)

SAPのシステムID。

このプロパティは、[Server Type] (サーバータイプ)ドロップダウンリストで[Message Server] (メッセージサーバー)が選択されている場合のみ利用できます。

[Group Name] (グループ名)

SAPのグループ名。

このプロパティは、[Server Type] (サーバータイプ)ドロップダウンリストで[Message Server] (メッセージサーバー)が選択されている場合のみ利用できます。

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを利用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続をアップデート): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。

    変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

[RFC server url] (RFCサーバーのURL)

表示されたフィールドにRFCサーバーの詳細を入力します。

Studioは、RFCサーバーをストリーミングプロキシとして使い、FTPやSFTPなどのサードパーティの転送プロトコルに情報を保存する必要なく、大量のデータ抽出をサポートします。

このフィールドは、[Advanced settings] (詳細設定)ビューで[Use the RFC server] (RFCサーバーを使う)を選択すると表示されます。

[Package size] (パッケージサイズ)

各パッケージのレコード数を指定します。デフォルトでは、値は10000を表示します。

10000より大きい値(12000など)の場合、Studioは2つのパッケージを作成します。1つのパッケージは10000レコードを含み、もう1つのパッケージは2000レコードを含みます。

このフィールドは、[Advanced settings] (詳細設定)ビューで[Use the RFC server] (RFCサーバーを使う)を選択すると表示されます。

[Connection id] (接続ID)

SAP接続設定ファイル(拡張子を除く)の名前である、SAP RFCサーバーによって確立された接続のIDを入力します。

SAP RFCサーバーは、SAP設定ファイルに基づいて、複数のSAP接続を確立できます。デフォルトでSAP接続設定ファイルは、 $TSAPS_HOMETalend SAP RFC Serverのインストールされたディレクトリーである$TSAPS_HOME/conf/named-connectiondに保管されています。デフォルトディレクトリー内に目的のSAP接続設定ファイルが見つからない場合は、tsap-rfc-server.propertiesファイルでnamed.connectionsパラメーターによって指定されているディレクトリーをチェックしてください。

このフィールドは、[Advanced settings] (詳細設定)ビューで[Use the RFC server] (RFCサーバーを使用)が選択されている時に利用できます。

注: $TSAPS_HOME/conf/named-connectiondディレクトリー、named.connectionsパラメーター、SAP接続設定ファイルは、Patch_20210820_TDI-45536_v1-7.3.1を適用した場合のみ有効です。

[Number of threads to extract the data from SAP] (SAPからデータを抽出するスレッド数)

データ抽出のスレッド数を設定します。デフォルトは2です。

このオプションは、[Advanced settings] (詳細設定)ビューで[Use the RFC server] (RFCサーバーを使用)オプションを選択している場合に利用できます。

[Kafka topic partition count] (Kafkaトピックパーティション数)

Kafkaトピックのパーティション数を設定します。デフォルトは2です。

このオプションは、[Advanced settings] (詳細設定)ビューで[Use the RFC server] (RFCサーバーを使用)オプションを選択している場合に利用できます。

[Max time to wait for more data] (追加データを待機する最大時間)

エラー発生時にクライアントがKafkaトピックの追加データを待機する最大時間(秒)を設定します。指定した期間が過ぎてもデータの受信がない場合、ストリームはキャンセルされます。デフォルトは60です。

このオプションは、[Advanced settings] (詳細設定)ビューで[Use the RFC server] (RFCサーバーを使用)オプションを選択している場合に利用できます。

[Table] (テーブル)

データが取得されるテーブルの名前を入力します。

[Use existing dynamic schema] (既存のダイナミックスキーマを使用)オプションを選択した場合、このオプションは利用できません。

[From statement] (ステートメントから)

データをクエリーするSQLステートメント(通常はSQL FROM句か単一テーブルの名前)を入力します。

注:
  • このオプションは[Use existing dynamic schema] (既存のダイナミックスキーマを使用)オプションを選択した場合に利用できます。
  • このオプションは、Talend 8.0.1 R2022-04以降のStudio月次アップデートをインストールした場合のみ利用できます。詳細は管理者にお問い合わせください。

[Use existing dynamic schema] (既存のダイナミックスキーマを使用)

tSetDynamicSchemaコンポーネントによって生成されたダイナミックスキーマを使用する場合は、このオプションを選択します。このダイナミックスキーマは、[Dynamic schema] (ダイナミックスキーマ)ドロップダウンリストからtSetDynamicSchemaコンポーネントを選択すれば選択できます。

注:
  • このオプションは、[Basic settings] (基本設定)ビューで[Use FTP-Batch Options] (FTPバッチオプションを使用する)オプションを選択した場合、または[Advanced settings] (詳細設定)ビューで[Use the RFC server] (RFCサーバーを使用する)オプションを選択した場合に利用できます。
  • スキーマにExtendedConfigurationカラムがある場合、このカラムの値は{"TableName":"{your_table_name}"}という形式であることが必要です。関連情報は、tSetDynamicSchemaの標準プロパティをご覧ください。
  • このオプションは、Talend 8.0.1 R2022-04以降のStudio月次アップデートをインストールした場合のみ利用できます。詳細は管理者にお問い合わせください。
  • このオプションは、Talend 8.0.1 R2022-05以降のStudio月次アップデートをインストールした場合のみ、[Advanced settings] (詳細設定)ビューの[Use the RFC server] (RFCサーバーを使用する)オプションで利用できるようになっています。詳細は管理者にお問い合わせください。

Filter

二重引用符の間にフィルター条件を入力します。コンポーネントは、この条件に基づいてデータを読み取ります。

カラムの値は一重引用符で囲む必要があり、フィルター式の等号(=)の前後には空白スペースが必要です。たとえば、次のとおりです: "MANDT = '800' AND WAERK = 'EUR' OR (FKART = 'F2' AND VBELN = '0090038989')"

[Start row number] (開始行番号)

データの取得を開始する行のシーケンス番号を指定します。SAPテーブルの行のシーケンス番号は0から始まります。

このフィールドのデフォルト値は-1です。これは、指定されたテーブルのすべての行を読み取ることを意味します。

[Max row number] (最大行数)

データを取得する行の最大数を指定します。

このフィールドのデフォルト値は-1です。これは、フィルター条件を満たすすべての行を取得することを意味します。

[Specify a shared destination] (共有デスティネーションを指定)

このチェックボックスをオンにして、表示された[Shared destination name] (共有デスティネーションの名前)フィールドに共有デスティネーションを指定します。共有デスティネーションにより、SAPのコンポーネントは、 Talend RuntimeコンテナーOSGi環境内でESBルートまたはESBデータサービスの一部として実行された時に、 Talend Runtimeの共有デスティネーションを使えます。

コンポーネントで共有デスティネーションの名前を指定するだけでなく、 Talend RuntimeのSAP DataSourceを設定する必要もあります。SAP DataSourceを定義するために必要なことと、それを設定する方法は、Talend ESBパッケージの/add-ons/datasource/sapフォルダーに含まれているreadme.txtに記載されています。

コンポーネント自体の接続設定を使う場合、SAP接続はコンポーネントの末尾で閉じることになります。これを防ぐには、共有デスティネーションを名前を指定した状態で使ってください。

[Use FTP-Batch Options] (FTPバッチオプションを使用)

取得するデータのサイズが[Fetch size] (フェッチサイズ)フィールドで指定したサイズを上回る場合は、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスがオンの場合、SAPシステムは必要な数のファイルを生成し、取得したデータをそれらのファイルに書き込みます。続いて、こコンポーネントがFTP接続経由でファイルを読み取ってデータを取得し、取得したデータを出力コンポーネントに転送します。

このチェックボックスをオンにする時は、以下のプロパティを指定する必要があります。

  • [File Protocol] (ファイルプロトコル): FTPまたはセキュリティで保護された代替SFTPを選択します。
  • [Host] (ホスト): FTPサーバーのIPアドレスまたはホスト名。

  • [Port] (ポート): FTPサーバーのリスニングポート番号。

  • [User] (ユーザー)[Password] (パスワード): FTPサーバーへのアクセスに必要なユーザー認証データ。

  • [Directory] (ディレクトリー): SAPシステムによって生成されたファイルが保存されるディレクトリー。

  • [Data filename prefix] (データファイル名プレフィックス): SAPシステムによって生成されたファイルのプレフィックス。

このオプションは、[Advanced settings] (詳細設定)ビューで[Use the RFC server] (RFCサーバーを使用)オプションが選択されていない場合のみ利用できます。

注: このオプションは、Talend 8.0.1 R2022-04以降のStudio月次アップデートをインストールした場合のみ利用できます。詳細は管理者にお問い合わせください。

詳細設定

[Use the RFC server (Technical Preview)] (RFCサーバーを使う(テクニカルプレビュー)) SAPアプリケーションから大量のデータを直接抽出する場合は、このチェックボックスをオンにします。このオプションを選択すると、[接続設定]セクションに[RFC server url] (RFCサーバーのURL)[Package size] (パッケージサイズ)のフィールドが表示されます。詳細については、[Basic settings] (基本設定) ビューでこれらのフィールドの対応する説明をご覧ください。

[Read NUMC data as String in the dynamic column] (ダイナミックカラムでNUMCデータを文字列として読み取る)

このオプションを選択して、ダイナミックカラム内のNUMCタイプであるデータを文字列として扱います。

このオプションが選択されていない場合は、ダイナミックカラム内のNUMCタイプであるデータは整数として扱われます。

[Kafka Properties] (Kafkaのプロパティ) [Use the RFC server] (RFCサーバーを使う)オプションを選択すると、ウィンドウにKafkaプロパティテーブルが表示されます。Kafka、またはApache Kafkaは、オープンソースの分散ストリーミングプラットフォームです。Kafkaの詳細は、https://kafka.apache.org/をご覧ください。

表示されたフィールドにKafkaの情報を入力します。

[Set max length for variable length type when api.use_z_talend_read_table parameter is true] (api.use_z_talend_read_tableパラメーターがTrueの時に変数長タイプの最大長を設定)

SAPデータディクショナリーで任意の文字列および文字列タイプフィールドの長さが0に設定されている場合は、このチェックボックスを選択して、表示される[Max length] (最大長)フィールドで、文字列フィールドおよび文字列タイプフィールドで取得するデータの最大長を指定する必要があります。次の点にご注意ください。

  • このチェックボックスは、SAP接続のプロパティ値api.use_z_talend_read_tabletrueに設定されている場合にのみ利用できます。

  • この最大長は、文字列および文字列タイプのすべてのフィールドに適用されます。データの損失を回避するために、値を慎重に決定してください。

[SAP Properties] (SAPプロパティ)

使用するSAPシステムでカスタム設定を使用する必要がある場合は、このテーブルでカスタマイズするプロパティを設定します。例:
  • SAPシステムとTalend Studioの間にUnicode接続を確立するには、jco.server.unicodeプロパティを追加してその値を1に設定する必要があります。このプロパティはSAP Java Connector 2.xを使用している場合に機能します。SAP Java Connector 3.0以降のバージョンでは不要です。

  • セキュリティで保護されたネットワーク通信(SNC)を使用してSAP接続を設定するには、このフィールドに以下のプロパティを追加し、設定する必要があります。

    • jco.client.snc_mode
    • jco.client.snc_myname
    • jco.client.snc_lib=.../sapcrypto/sapcrypto.dll
    • jco.client.snc_partnername
    • jco.client.snc_qop
    注: 上記プロパティの値はシステム環境によって異なります。プロパティの設定方法が不明な場合は、SAPシステムの管理者にお問い合わせください。

    SNCパラメータの設定については、SNC の設定をご覧ください: SNCをサポートするRFC通信パスを使用したAS ABAPへの外部プログラム

このプロパティは、[Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスがオンになっている場合は表示されません。

[Fetch size] (フェッチサイズ)

BAPI コールやリクエストに応答してSAP BWデータベースから返される結果セットの最大サイズ(行数)を入力します。

デフォルトの値である-1を指定すると、デフォルトのフェッチサイズが使われます。このフェッチサイズはSAP側のJavaコードやBAPIによって決定されます。

ジョブに割り当てられたメモリスペースと、要求されたフィールドの数に応じてこのフィールドを設定することをお勧めします。与えられたメモリスペースにより、要求されたフィールドの数が多ければ多いほどフェッチサイズは小さくなります。

注: このフィールドは、Talend 8.0.1 R2022-04以降のStudio月次アップデートをインストールした場合のみ利用できます。詳細は管理者にお問い合わせください。

[SAP function extraction path] (SAP関数抽出パス)

抽出されたデータを保持するファイルを生成するSAP関数のディレクトリーを指定するには、このオプションをオンにします。右側のテキストフィールドにディレクトリーへのパスを入力します。

このオプションが選択されていない場合、ファイルは[Basic settings] (基本設定)ビューの[FTP directory] (FTPディレクトリー)フィールドで指定されたディレクトリーに生成されます。

Talend Studioは、[SAP function extraction path] (SAP関数抽出パス)および[FTP directory] (FTPディレクトリー)フィールドで指定されたディレクトリーを同期しないため、これら2つのフィールドが同じリソースを指していることをご確認ください。

注: このオプションは、Talend 8.0.1 R2022-04以降のStudio月次アップデートをインストールした場合のみ利用できます。詳細は管理者にお問い合わせください。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー発生時に強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、 Talend Studio ユーザーガイドをご覧ください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントは通常、ジョブの開始コンポーネントとして使い、常に出力リンクが必要です。

サポート

S4/HANAを含め、SAPのERP部分と連携するためにtSAPTableInputを使う必要があります。

[Connections] (接続)

外部リンク(このコンポーネントから別のコンポーネントへのリンク):

[Row] (行): [Main] (メイン)、[Iterate] (反復処理)

[Trigger] (トリガー): [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)、[On Subjob Error] (サブジョブがエラーの場合)、[Run if] (条件付き実行)、[On Component Ok] ( コンポーネントがOKの場合)、[On Component Error] (コンポーネントがエラーの場合)

受信リンク(あるコンポーネントからこのコンポーネントへのリンク):

[Trigger] (トリガー): [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)、[On Subjob Error] (サブジョブがエラーの場合)、[Run if] (条件付き実行)、[On Component Ok] ( コンポーネントがOKの場合)、[On Component Error] (コンポーネントがエラーの場合)

接続の詳細は、 Talend Studioユーザーガイドをご覧ください。

制限事項/前提条件

SAPから提供された特定のjarファイルとdllファイルを、StudioおよびStudioをホストしているワークステーションに追加する必要があります。正確な手順は、32ビットまたは64ビットのWindowsやLinuxなど、使用しているプラットフォームで異なります。
  • 詳細は、Talend StudioユーザーガイドSAP Java Connectorのインストール方法と「SAPメタデータの一元管理」をご覧ください。

  • SAP Java Connectorのインストール方法の例は、Talend Help Center (https://help.talend.com)およびTalend Studioユーザーガイドの「SAPメタデータの一元管理」をご覧ください。